twiter facebook Youtube RSS

開催が近いイベント

1月
10
10:00 (2021/5/31まで)2021和田観光苺組... @ 和田観光苺組合
(2021/5/31まで)2021和田観光苺組... @ 和田観光苺組合
1月 10 @ 10:00 – 5月 31 @ 16:00
(2021/5/31まで)2021和田観光苺組合いちご狩り @ 和田観光苺組合
松川浦そば 福島県相馬市 和田観光苺組合 いちご狩り OPEN 2021年1月10日(日) 営業時間 10:00~16:00 入園料(小学生未満半額) 団体割引25名様以上 2021年 1/3(日)~1/9(土)    ……1,700円(プレオープン 要予約) 1/10(日)~4/4(日)   ……1,600円 4/5(月)~5/5(水・祝) ……1,300円 5/6(木)~5/31(月)   ……1,000円 和田観光苺組合 住所:福島県相馬市和田字下柴迫94 (地図はこちらから) URL:http://blog.wadakanko-ichigo.jp/        
3月
6
09:00 (3/6~5/5まで)【南相馬市】南相... @ 南相馬市博物館
(3/6~5/5まで)【南相馬市】南相... @ 南相馬市博物館
3月 6 @ 09:00 – 5月 5 @ 16:45
(3/6~5/5まで)【南相馬市】南相馬市博物館「南相馬の震災10年」 @ 南相馬市博物館
南相馬の震災10年 東日本大震災からまもなく10年をむかえます。 生活を一変させたあの日から、少しずつ歩みを進めてきた南相馬。 何が起こって、人々が何を考え、どのように復興への道を探ってきたのか、 この10年間を、博物館の視点からふり返ります。 2021(令和3)年3月6日(土)~5月5日(水・祝) 開館時間:9:00~16:45      (最終入館 16:00まで) 休館日:毎週月曜 ※5月3日(月)は祝日のため開館 観覧料:一般 400(350)円 高校生 200(150)円     小中学生 100(80)円     ( )内は20人以上の団体 ※南相馬市と飯舘村に居住・通学する小中高校生は無料。  障がい者と付添いの方1名、生活保護世帯の方は無料。  (入館の際の手帳をご提示ください。)  5月5日(水・祝)こどもの日は無料   参考:南相馬市役所HP https://www.city.minamisoma.lg.jp/portal/culture/museum/tenji/kikakuten_tokubetsuten/r2/11456.html [南相馬市博物館] 住所:福島県南相馬市原町区牛来出口194 (地図はこちらから) web:https://www.city.minamisoma.lg.jp/portal/culture/museum/ facebook:https://www.facebook.com/minamisomashihaku/ twitter:https://twitter.com/minamisomamuse        
4月
1
10:00 ~5/30まで【相馬市】図書館企画展... @ 相馬市図書館
~5/30まで【相馬市】図書館企画展... @ 相馬市図書館
4月 1 @ 10:00 – 5月 30 @ 19:00
~5/30まで【相馬市】図書館企画展示「うちどくのススメ」 @ 相馬市図書館
      家庭での読書活動のことを家読(うちどく)と呼んでいます。 家での読書の習慣づけと、家族と読書を通じてコミュニケーションを図ることを目的としています。   4月23日(金)は子ども読書の日、4月23日(金)~5月12日(水)はこどもの読書週間。 相馬市図書館では、企画展示としておうちで家族と読んでほしい本を選んで展示しています。   お子さんが本と触れ合う場所として、図書館をぜひ活用ください。   ぜひお越しください。     〇展示期間 2021年4月1日(木)~5月30日(日) 10:00~19:00まで   〇場所 相馬市図書館  住所:〒976-0015 福島県相馬市中村塚ノ町65-16(地図はコチラ)     その他詳細はコチラ     ———————————————————————————————————- ◇お問合せ先◇ 相馬市図書館  住所:〒976-0015 福島県相馬市中村塚ノ町65-16(地図はコチラ)  電話:0244-37-2630 ———————————————————————————————————-              
10:00 ~6/29まで【相馬市】図書館企画展... @ 相馬市図書館
~6/29まで【相馬市】図書館企画展... @ 相馬市図書館
4月 1 @ 10:00 – 6月 29 @ 19:00
~6/29まで【相馬市】図書館企画展示「GoTo読書」 @ 相馬市図書館
      相馬市図書館では、旅をテーマに各都道府県に関連した書籍を集めて企画展示を行います。   本の中では、どこに行くのも自由。   本を読んで旅をした気分になるもよし、今後の旅行先の参考にするもよし。 紙面の旅に出かけてみませんか。   ぜひお越しください。     〇展示期間 2021年4月1日(木)~6月29日(火) 10:00~19:00まで   〇場所 相馬市図書館  住所:〒976-0015 福島県相馬市中村塚ノ町65-16(地図はコチラ)     その他詳細はコチラ     ———————————————————————————————————- ◇お問合せ先◇ 相馬市図書館  住所:〒976-0015 福島県相馬市中村塚ノ町65-16(地図はコチラ)  電話:0244-37-2630 ———————————————————————————————————-              
4月
10
09:00 【新地町】第23回 新地城跡チュー... @ 新地城跡(チューリップ祭り会場)
【新地町】第23回 新地城跡チュー... @ 新地城跡(チューリップ祭り会場)
4月 10 @ 09:00 – 4月 29 @ 16:00
【新地町】第23回 新地城跡チューリップ祭り @ 新地城跡(チューリップ祭り会場)
      新地町に春の訪れを告げる「新地城跡チューリップ祭り」が今年も開催されます。 30種2万本ものチューリップが新地城跡を鮮やかに彩ります。 期間中はスタッフが待機し、チューリップの販売も行われます。   コロナウィルス対策をしながら、例年より規模を縮小しての開催いたします。 ぜひお越しください。     〇日時 2021年4月10日(土)~2021年4月29日(木) 9:00~16:00 ※チューリップの育成状況により、変更する場合があります。   〇場所 新地城跡  住所:〒979-2702福島県相馬郡新地町谷地小屋字舘前(地図)     その他詳細はコチラ↓ 『新地町HP – 第23回新地城跡チューリップ祭り』 https://www.shinchi-town.jp/soshiki/2/reiwa3churip.html     ———————————————————————————————————– ◇お問合先◇ 新地城址会 事務局  電話:080-1817-2486(担当:加藤) ———————————————————————————————————–       (新地町HP – イベントページより引用)        
4月
21
10:00 (4/21~27まで)第19回ふくしま県の... @ うすい百貨店 10階 催事場
(4/21~27まで)第19回ふくしま県の... @ うすい百貨店 10階 催事場
4月 21 @ 10:00 – 4月 27 @ 17:00
(4/21~27まで)第19回ふくしま県の物産展 @ うすい百貨店 10階 催事場
第19回ふくしま県の物産展 2021年4月21日(水)~27日(火) 営業時間:10:00~18:30      ※最終日(4月27日(火)は17:00閉場) うすい百貨店 URL:http://www.usui-dept.co.jp/ 福島県郡山市中町13番1号 (地図はこちらから)        
4月
24
終日 ※~4/15までエントリー募集中【葛... @ 葛尾村復興交流館あぜりあ(受付)
※~4/15までエントリー募集中【葛... @ 葛尾村復興交流館あぜりあ(受付)
4月 24 – 4月 25 終日
※~4/15までエントリー募集中【葛尾村】ツール・ド・かつらお~第7回福島民報杯~ @ 葛尾村復興交流館あぜりあ(受付)
      福島県内を巡る自転車ロードレースツアー『ツール・ド・ふくしま』。 震災及び原子力発電所事故からの復興を掲げ、2016年から始まった自転車競技大会です。   その第1戦となる『ツール・ド・かつらお~第7回福島民報杯~』が今年も開催されます。 2日間で3レースを走るステージレース形式。 非ライセンスレースである「ツール・ド・ふくしま」は、JCF、JBCF、学連、高体連等の所属は問わず参加できる、 つまり市民が気軽に参加できる貴重な場です。 【個人年間総合(クラス1とクラス2マスターズ[45歳以上])を競います。】   また、今回はコスプレ部門を設ける予定とのこと。 (昨年のコスプレ部門は、あぶくま洞ヒルクライムの時のみでした。)   皆さんのエントリーをお待ちしております。     〇日程 2021年4月24日(土)~25日(日)   〇会場(メイン) 葛尾村復興交流館あぜりあ  住所:〒979-1602 福島県双葉郡葛尾村大字落合字落合20番地1(地図はコチラ)   〇コース 【1日目】2021年4月24日(土)メイン会場をスタートとする葛尾村東部の11kmコース 【2日目】2021年4月25日(日)メイン会場をスタートとする葛尾村一円の28kmコース   ※11kmコース(3周)、個人タイムトライアル11km(1周)、28キロコース(1周)でのコスプレ部門を新設します。 競技や周りの選手に迷惑の掛からない範囲でのコスプレにて出場いただきますようお願いします。   1日目(4月24日) ロードレース(11km×3)時計回り、個人タイムトライアル(11km×1)コースは反時計回り(28kmコースと同じ順) ※交通規制は13:00~17:00(予定) 13:00~13:15 開会式 13:15~15:30 11km×3周 レース (13:15頃)  クラス1スタート (14:15頃)  クラス2・クラス3スタート 15:45~16:30 11km×1周 個人タイムトライアル ※数秒おきのインターバルスタート 17:00~    表彰式   2日目(4月25日) 国内最高クラスの難易度1周28kmコース。山岳賞地点までのハーフクラス、1周、2周部門でロードレース ※交通規制は08:00~12:00(予定) 08:00~08:20 開会式 08:30~09:30 28km×1周レース(クラス3) ※クラス3がスタートした後、1分後にハーフレース(15km)スタート 09:50~11:50 28km×2周レース(クラス1)、28km×1周レース(クラス2) ※クラス1がスタートした後、30秒後にクラス2がスタート 12:30~    表彰式   〇定員 24日、25日の両日ともに200名    〇参加申込み 所定の申込みフォームよりエントリーをお願いいたします。 詳しくはコチラ↓ URL:https://gicz.jp/open/tdk2021/   〇申込み期間 2021年3月1日(月)~4月15日(木)正午まで   〇参加費 4,000~6,000円 ※参加コースによって参加費が異なります。   〇参加賞 新型コロナウイルス感染症対策を講じた上で、手作りカレーと手打ちそばを配布いたします。     その他詳細はコチラ↓ URL:https://tour-de-fukushima.jp/event/2021-tour-de-katsurao/     ——————————————————————————————————— ◇お問合せ先・主催◇ ツール・ド・かつらお実行委員会(葛尾村/葛尾村商工会/福島民報社/葛尾むらづくり公社)  電話:0240-23-7765 メール:k.muradukuri@katsurao-kosya.or.jp   ◇主管◇ ツール・ド・ふくしま実行委員会(福島民報社/LinkTOHOKU)  WEB :https://tour-de-fukushima.jp/ FaceBook:https://www.facebook.com/tdfukushima/   ◇協力◇ 双葉警察署浪江分庁舎、双葉地方広域圏組合浪江消防署葛尾出張所 ———————————————————————————————————       (ツール・ド・ふくしま イベントページより引用)        
09:00 【楢葉町】令和3年度 楢葉市民大学... @ Jヴィレッジ
【楢葉町】令和3年度 楢葉市民大学... @ Jヴィレッジ
4月 24 @ 09:00 – 11:00
【楢葉町】令和3年度 楢葉市民大学野外講座「ぶら楢葉」(Jヴィレッジ編) @ Jヴィレッジ
      〇日時 2021年4月24日(土) 9:00~11:00 ※小雨決行   09:00~ Jヴィレッジ玄関集合 09:10~ スタート 11:00~ ゴール(Jヴィレッジ町営駐車場)   〇内容 楢葉市民大学歴史講座の一環として山田浜、山田岡の歴史・自然を学びながら散策します。 (美シ森遺跡・岩沢舘・Jヴィレッジ駅・代東遺跡・楢葉城)   〇講師 坂本 和也 氏(総務課課長補佐)   〇定員 20名 ※事前申込が必要です。   〇その他 1.歩きやすい服装でご参加ください。 2.マスクを着用してください。 3.飲み物を持参してください。 4.体温37.5℃以上の方は参加を控えてください。   〇お申込先 楢葉町役場 教育総務課生涯学習係  電話:0240-25-2492     詳細はコチラ↓ 楢葉町役場HP – 『令和3年度楢葉市民大学野外講座「ぶら楢葉」(Jヴィレッジ編)』 https://www.town.naraha.lg.jp/life/007307.html     ———————————————————————————————————– ◇お問合わせ先◇ 楢葉町役場 教育総務課生涯学習係  住所:〒979-0696 福島県双葉郡楢葉町大字北田字鐘突堂5-6(地図)  電話:0240-23-5515   HP:https://j-village.jp/ ———————————————————————————————————–              
10:30 【Jヴィレッジ認知症予防事業 特... @ Jヴィレッジ アネックス1F Jヴィレッジホール
【Jヴィレッジ認知症予防事業 特... @ Jヴィレッジ アネックス1F Jヴィレッジホール
4月 24 @ 10:30 – 11:30
【Jヴィレッジ認知症予防事業 特別リモート講演会 @ Jヴィレッジ アネックス1F Jヴィレッジホール
      近年、高齢化が進むなか、様々な健康問題がありますが認知症患者数においても増加傾向にあります。 認知症を発症することで、日常生活に支障をきたすケースも少なくはありません。 そういったなか、Jヴィレッジでは認知症予防事業の一環として、東京大学特任教授酒谷薫氏による 「特別リモート講演会」を開催いたします。   酒谷薫氏は、認知症について研究されており医学と工学の高度な技術と豊富な知恵を結集し、 一般的な血液検査データから深層学習を用いて、認知症リスク判定法の開発に成功しました。   今回の事業では、「認知症について知ること」や「無料で認知症の発症リスク診断」を行います。   この機会に、認知症について学び、ご自身の発症リスクを診断してみませんか?     ※認知症発症リスク診断には、健康診断結果表のコピー(一般血液検査データを使います)が必要となります。  また、診断結果は講演会当日、受付でお渡し致します。     〇日時 2021年4月24日(土) 10:30~11:30(受付開始 10:00~)   〇開催場所 Jヴィレッジ アネックス1F Jヴィレッジホール  住所:〒979-0513 福島県双葉郡楢葉町大字山田岡字美シ森8(地図)   〇講師 東京大学 特任教授 酒谷 薫氏   〇講演タイトル 「一般的な血液データ分析で分かる認知症リスクについて」 ~認知機能低下を予防する生活習慣のあり方を学ぶ~   〇申込方法 ①チラシからお申込み 申込書に記入し健康診断結果表のコピーをご持参の上、Jヴィレッジフィットネスクラブまでお越しください。 また、郵送でも受付いたします。   ②電話・FAXからお申込み 電話: 0240-23-7013 FAX : 0240-23-7421 ※FAXの場合は、申込書へご記入の上、FAX送信をお願いいたします。   ③メールからお申込み Mail: jfc@j-village.jp   ※「氏名、年齢、市町村、連絡先」を入力の上、メール送信をお願いいたします。 ※②・③でのお申込みの場合、認知症発症リスクの診断はできませんので予めご了承ください。  →認知症発症リスクの診断をご希望の方は、健康診断結果表のコピーをJヴィレッジフィットネスクラブまで直接お持ちいただくか、または郵送にてお送りください。  →講演会参加後に認知症発症リスクの無料診断を希望する場合は、2021年5月20日(木)までに、健康診断結果表のコピーをJヴィレッジフィットネスクラブまでご提出ください。  →診断結果は6月1日(火)以降にJヴィレッジフィットネスクラブフロントにてお渡しいたします。郵送・FAX・メール等でお送りすることはいたしませんので、予めご了承ください。     その他詳細はコチラ     ———————————————————————————————————— 〇お問合せ先 Jヴィレッジフィットネスクラブ  住所:〒979-0513 福島県双葉郡楢葉町大字山田岡字美シ森8(地図)  電話:0240-23-7013  FAX :0240-23-7421  Mail:jfc@j-village.jp  WEB :https://j-village.jp/ ————————————————————————————————————-              
4月
25
09:00 第75回 相馬野馬追振興春季競馬大会 @ 雲雀ヶ原祭場地
第75回 相馬野馬追振興春季競馬大会 @ 雲雀ヶ原祭場地
4月 25 @ 09:00
第75回 相馬野馬追振興春季競馬大会 @ 雲雀ヶ原祭場地
令和3年度 第75回 相馬野馬追振興 春季競馬大会 期日:令和3(2021)年4月25日(日)    ※雨天順延の場合は4月29日(木・祝)     9:00 開会     10:00 発走 会場:雲雀ヶ原祭場地 (地図はこちらから) 主 催:相馬野馬追執行委員会 URL:https://soma-nomaoi.jp/     (南相馬市 観光交流課内) TEL:0244-22-3084 野馬原マルシェも同時初開催        
相双ゆたどさ

相双神旗ディネード

相双“このひと” 記事一覧

相双“このひと”NPO法人相馬国際交流の会 第2回...

NPO法人相馬国際交流の会 第2回 Q2. 力を入れていることは、どんなことですか。 若い世代や市民の多くの方に異文化を理解することで、世界に対する また異なる文化に対する理解度を深めていただき、今後の人生や仕事に活かしていただく。 具体的には平成28年2月28日(日)相馬市総合福祉センター...

相双“このひと”NPO法人相馬国際交流の会 第1回...

NPO法人相馬国際交流の会 第1回       〇 プロフィール   NPO法人相馬国際交流の会   連絡先住所:福島県相馬市山上字須萱27   連絡先電話番号:080-5220-6298   メールアドレス:ara-sk@kne.biglobe.ne.jp  [NPO法人相馬国際交流の会]   URL:http://soma-sifa.org 相馬国際交流の会は2014年にNPO法人として認可されましたが、10年以上前から活動してきた団体です。 相馬地方の近隣に住む外国の方々と市民の交流、異文化に対する理解と体験を通じてのコミニュテイづくりや 地域おこしなどを目指しております。 主な事業としては世界の文化や料理を紹介する「わくわくワールドフェスタ」や 福島大学との連携でのホームステイの協力や世界の料理教室、異文化紹介公演活動などを行っております。 多くの会員のみなさまと楽しく豊かな時間を過ごすことが大事です。 会員は常に募集しております。   Q1....

相双“このひと”NPO法人みんなのしあわせプロジェクト

相双“このひと”NPO法人みんなのしあわせプロジェクト 第3回...

NPO法人みんなのしあわせプロジェクト 第3回 Q4. これからチャレンジしたいことは、どんなことですか。 音楽会は今回に限らず、定期的に行われていくと思います。 音楽がある町がいいですね。 障がい者も参加することで イメージが明るくなって 彼らが楽しく働き 暮らせる町になって欲しいです。 Q5....

相双“このひと”NPO法人みんなのしあわせプロジェクト

相双“このひと”NPO法人みんなのしあわせプロジェクト 第2回...

NPO法人みんなのしあわせプロジェクト 第2回 Q2. 力を入れていることは、どんなことですか。 『NPO法人みんなのしあわせプロジェクト』は障がい者を支援するための団体で 障がいを持つ子どもたちの療育と居場所である「ゆうゆうクラブ」や 障がい者の働く場と居場所である「工房もくもく」の福祉事業と共に アートや音楽活動も行っていきます。 「生きることは表現すること」という考え方で 障がいを持つ人の創作と発表の場を作ると同時に ミュージシャンを呼んでコンサートやライブを開く機会を作っていきたいと思っています。 福祉事業の方も、利用したい方々のニーズにあった事業所を今後も増やしていきたいと考えています。 Q3....

相双“このひと”NPO法人みんなのしあわせプロジェクト

相双“このひと”NPO法人みんなのしあわせプロジェクト 第1回...

NPO法人みんなのしあわせプロジェクト 第1回       〇 プロフィール   NPO法人みんなのしあわせプロジェクト   連絡先住所:相馬市岩子字明神前25の1   メールアドレス:minnanosiawase.soma@gmail.com   Q1. 取組のきっかけは、どのようなことでしたか。   障がいをある人たちもない人も、音楽の力で心のバリアフリーを築き 音楽を楽しみたいという事も大事なコンセプトと考えています。 2015年に新しく立ち上げた『NPO法人みんなのしあわせプロジェクト』では 2015年11月21日(土)には2度目となる音楽会も開催し ゲストに弾き語りは必聴の浜田真理子さんが島根から来てくださいました。 ご存知、堀下さゆりさんは相馬出身のシンガーソングライター。 1GATAは、糖尿病1型を持つ人のバンドです。 南相馬のえんどう豆は、障がい者の作業所ですが、生バンドで元気な演奏を聴かせてくれました。 ゆうゆうクラブの子どもたちの紹介もありました。 ...

相双“このひと”川内村役場職員インタビュー...

川内村役場職員インタビュー         〇 プロフィール   所属:総務課 企画政策係   職名:主事   氏名:秋元 絵理(あきもと えり)   市町村役場職員となったきっかけをお聞かせ下さい。 平成26年の春に、川内村に引っ越してきました。 豊かな自然に囲まれ、また、人々がとても温かく、すぐにこの川内村が大好きになりました。 村のため、村に住む人々のために仕事がしたいと考え、採用試験を受験しました。   担当業務について、意気込みなどをお聞かせください。 広報業務を主に行っています。広報誌(月1回)制作、ホームページとFacebook の更新をしています。また、統計、空き家対策、防災無線等の業務にも携わっています。   担当業務の中でこれまで一番印象に残っていることなどをお聞かせください。 入庁したての時、広報制作において、ページの割振りや校正等、手探り状態でした。 そんな中、上司や同僚に多くの面で助けてもらい、完成することが出来ました。 初めて携わった広報誌を手に取った時、とても嬉しかったのを覚えています。   あなたの今後の目標についてお聞かせください。 川内村の魅力、川内村の人々の取り組みを、より広く周知していけるよう 情報発信を行っていきたいと考えています。 平成27年10月から開始した、村のFacebookにおいても、川内村の日常を発信できればと思っています。   最後にひとこと 川内村は、自然豊かで水清らかな場所です。 モリアオガエル繁殖地で天然記念物に指定されている「平伏沼(へぶすぬま)」が有名です。 また、平成28年4月には、室内プール「モリタロウプール」も完成予定です。 他にも、楽しめるスポットが有りますので、一度ぜひ足を運んでいただけると幸いです。

相双“このひと”岡田書店 第3回...

岡田書店 第3回  Q4. これからチャレンジしたいことは、どんなことですか。 今自分が楢葉町で古書店を開いている事がチャレンジだと思っていますが 現在、お店のスペースがかなり狭いので、たくさん商品が陳列できる様に もう少し店舗を大きくして営業出来ればと思っています。    Q5....

相双“このひと”岡田書店 第2回...

岡田書店 第2回 Q2. 力を入れていることは、どんなことですか。 相双地域の郷土史にはもちろん力を入れていますが その他にも、手塚治虫、藤子不二雄、永井豪、石ノ森章太郎、横山光輝などの絶版ものの漫画や '60年代から'70年代の古い少年誌、サブカルチャーや音楽雑誌などにも力を入れています。 推理・サスペンスや時代・歴史などの人気小説はもちろんコミックも100円から幅広く取り揃えております。 Q3....

相双“このひと”岡田書店 第1回...

岡田書店 第1回       〇 プロフィール   岡田書店   連絡先住所:福島県双葉郡楢葉町大字山田岡字竹ノ花11-2   メールアドレス:okadashoten@ruby.plala.or.jp 全国古書籍商組合連合会・福島県古書籍商組合加盟店 (事務局)いわき市平中神谷十二所57 戦前からいわき市で70年以上続く、古書店の3代目です。   Q1....

相双“このひと”南相馬ソーラー・アグリパーク職員インタビュー④...

南相馬ソーラー・アグリパーク職員インタビュー

相双“このひと”南相馬ソーラー・アグリパーク職員インタビュー③...

南相馬ソーラー・アグリパーク職員インタビュー

相双“このひと”南相馬ソーラー・アグリパーク職員インタビュー②...

南相馬ソーラー・アグリパーク職員インタビュー

相双“このひと”南相馬ソーラー・アグリパーク職員インタビュー①...

南相馬ソーラー・アグリパーク職員インタビュー

相双“このひと”南相馬ソーラー・アグリパーク 第3回...

南相馬ソーラー・アグリパーク 第3回  Q4. これからチャレンジしたいことは、どんなことですか。 南相馬市内の小中学校の子どもたちは、総合学習の一環でパークを訪れます。 年に1回だけでも嬉しいことですが、私たちは、子どもたちに より深く学び・体験できる機会を持ってもらうため 来年から週末や長期の休みに行うスクールの回数を増やします。 また、小中学生だけでなく、地元の高校生の人材育成にも貢献したいと考えています。 具体的には、社会・地域のために何かやりたい高校生に対して、その活動をサポートし 高校生がチャレンジできる場を作っていきます。 さらに、パークで行っている再エネの体験学習プログラムを パーク以外の再エネ施設でもできるよう活動を進めています。 来年には、福島県内で複数の再エネ施設をめぐるツアーを実施します。 サマースクールのひとコマ    Q5....

相双“このひと”南相馬ソーラー・アグリパーク 第2回...

南相馬ソーラー・アグリパーク 第2回 Q2. 力を入れていることは、どんなことですか。 私たちは、南相馬ソーラー・アグリパークで太陽光発電や水力発電の体験学習を行っています。 また、南相馬市とも協力し、サマースクール・ウインタースクールでも 再生可能エネルギーをテーマとした体験学習を行っています。 この体験学習を通して、私たちは、子どもたちの「考える力」「発表する力」「行動する力」を育てることに 力を入れています。 特に、「発表する力」を大切にしています。発表しなくてもしっかり考え・行動することはできますが 積極的に発表する方が、よく考え、自ら行動する傾向が強いのです。 そのため、私たちは、子どもたちが自分の考えを積極的に発表することを、スクールを通して大事にしています。 そして、長期的には、地元の子どもたちの中から、長い年月がかかる福島の復興のリーダーを生み出したいと 思っています。   Q3....

相双“このひと”南相馬ソーラー・アグリパーク 第1回...

南相馬ソーラー・アグリパーク 第1回       〇 プロフィール   南相馬ソーラー・アグリパーク   連絡先住所:福島県南相馬市原町区泉字前向15   連絡先電話番号:0244-26-5623   メールアドレス:info@fukushima-solar.com 太陽光発電所(手前)とドーム型植物工場(奥)   Q1....

相双“このひと”楢葉町役場職員インタビュー...

楢葉町役場職員インタビュー         〇 プロフィール   所属:総務課   職名:主事   氏名:齋藤 訓枝(さいとう のりえ) (上記画像、右側の職員の方です)   市町村役場職員となったきっかけをお聞かせ下さい。 私自身も震災で被災したことから、頼れたところは町であり、改めて行政の有難さや重要性を感じました。 それから生まれ育った町の復興、発展に携わりたいと思うようになり これまで働いていた会社を辞めて採用試験を受けました。   担当業務について、意気込みなどをお聞かせください。 主な業務としては、非常勤職員の管理や、職員の健康管理、選挙事務等を担当しています。   担当業務の中でこれまで一番印象に残っていることなどをお聞かせください。 今年の4月に職員となったばかりで、毎日が印象に残る程、密度の濃い日々を過ごしています。 その中でも「仕事はチームワーク」といつもフォローして下さる先輩職員の方々には感謝の思いでいっぱいです。   あなたの今後の目標についてお聞かせください。 現在は直接住民の方々と接する機会は少ないですが、皆様に信頼して頂けるような職員になりたいです。 その為にもまずは早く仕事を覚えて、適切な業務を行う為に基礎知識を身に付け、経験を重ねていきたいです。   最後にひとこと 9月には町の温泉施設、「サイクリングターミナル・しおかぜ荘」のリニューアルオープンも控えておりますので 町民はじめ沢山の方々にお越し頂きたいです。楢葉町の復興をもっと加速させていけるように 微力ながら邁進して参ります。

相双“このひと”NPO法人ハッピーロードネット 第3回...

NPO法人ハッピーロードネット 第3回  Q4. これからチャレンジしたいことは、どんなことですか。 平成17年から行っている高校生によるフォーラムも、昨年度で10回を数えました。 今年は海外の高校生も招待し、第1回「ハイスクール世界サミットin福島」を8月にいわき市で開催しました。 東北の現状を世界に発信すると共に、グローバルな人材育成に寄与します。 これからも、浜通り地域の早期復興・更なる発展に向け、まちづくり・みちづくり活動を通して 子どもたちと一緒に楽しく取り組んで行きます。       Q5....

相双“このひと”NPO法人ハッピーロードネット 第2回...

NPO法人ハッピーロードネット 第2回 Q2. 力を入れていることは、どんなことですか。 将来、地域活動を支える今の子供たちと一緒に「まちづくり・みちづくり」に関する様々な活動を行っています。 子どもたちと交わした約束は必ず守る。その様な気持ちを常に持ち、子どもたちと接しています。   Q3....

相双“このひと”NPO法人ハッピーロードネット 第1回...

NPO法人ハッピーロードネット 第1回       〇 プロフィール   NPO法人ハッピーロードネット   連絡先住所:福島県双葉郡広野町広洋台二丁目1-5   連絡先電話番号:0240-23-6172   メールアドレス:office@happyroad.net 子供たちに、大人社会への意見を提言する機会を与え、子供たちが、自主的に社会参加することにより まちづくり・みちづくり活動への参画を促すことを目的として 平成17年から高校生主体のフォーラムを行っています。 震災前には国道6号のごみ拾いを3000人規模で実施しました。これも子供たちの発案です。 平成24年度からは、国道6号等に桜の木を植樹する「ふくしま浜街道・桜プロジェクト」を始動しました。 子どもたちや地域の方々、ボランティアの方々と一緒にまちづくり・みちづくり活動を行っています。   Q1....

相双“このひと”合同会社くるみ 第3回...

合同会社くるみ 第3回  Q4. これからチャレンジしたいことは、どんなことですか。 これからも様々な資格に挑戦し、地域の皆さまのお役に立つ知識を増やしていきたいです。    Q5. その他。 ハンドメイド雑貨も定期的に新しいものが入荷していますので是非ご覧ください。      [Ameba] ・合同会社くるみ [facebook] ・合同会社くるみ     ...

相双“このひと”合同会社くるみ 第2回...

合同会社くるみ 第2回 Q2. 力を入れていることは、どんなことですか。 一人一人に合った介護用品を提供できるよう お客様のニーズに答えられるよう様々なメーカーの介護用品を取り扱えるようしています。   Q3. 楽しみにしていることは、どんなことですか。 いろんな方とお会いできお話できる事が楽しみです。        ...

相双“このひと”合同会社くるみ 第1回...

合同会社くるみ 第1回       〇 プロフィール   合同会社くるみ   連絡先住所:福島県南相馬市鹿島区鹿島字御前ノ内54   連絡先電話番号:0244-26-9275   メールアドレス:kurumikurumi927@yahoo.co.jp 南相馬市鹿島区で介護用品の貸与・販売 ハンドメイド雑貨を取り扱っている『合同会社くるみ』です。 Q1....

相双“このひと”葛尾村役場職員インタビュー...

葛尾村役場職員インタビュー         〇 プロフィール   所属:総務課 復興対策係   職名:主査   氏名:本多 貴之(ほんだ たかゆき) (上記画像、右側の職員の方です)   市町村役場職員となったきっかけをお聞かせ下さい。 前職は東京で仕事をしていましたが、東日本大震災からの復興を目指す福島のために 福島県出身者として何かできないかと常に考えていたところ 職員募集の新聞記事を目にしたことから平成25年4月より葛尾村役場で働くことになりました。   担当業務について、意気込みなどをお聞かせください。 村の復興計画策定業務のほか、住民懇談会等の事務局を担当しています。 また、葛尾村への一時帰宅支援バスの立ち上げや飲料水対策業務を担当するなど 業務内容は多岐に渡ります。   担当業務の中でこれまで一番印象に残っていることなどをお聞かせください。 担当業務に限ったことではありませんが、いい意味で住民との距離がとても近いこと。 今までは行政はとても遠い存在に感じていました。 住民に寄り添った行政を実現している先輩方を見習って 日々精進したいと思います。   あなたの今後の目標についてお聞かせください。 まずは仕事をきちんと覚えること。 そのうえで、転職の動機である福島の復興を葛尾村から広げていければと考えています。 また、この3年、職場の先輩や住民の方々に大変お世話になっているので 恩返しがしたいです。   最後にひとこと 葛尾村三春出張所の近くに、大盛りで有名な石井食堂が仮設店舗を出店しています。 三春町にいらっしゃったときは、ぜひお立ち寄りください。 お得な値段でお腹いっぱい食べられます。特にチャーハンがオススメです!

相双“このひと”蕎麦酒房 天山 第3回...

蕎麦酒房 天山 第3回  Q4. これからチャレンジしたいことは、どんなことですか。 季節によって変わる季節の変わりそばを定期的にやりたいです。 その季節でしか味わうことのできない食材や、その季節で一番おいしくいただけるものを考えておりますので ぜひ一度季節感をお楽しみ下さい。...

相双“このひと”蕎麦酒房 天山 第2回...

蕎麦酒房 天山 第2回 Q2. 力を入れていることは、どんなことですか。 毎日お客様に美味しいと思っていただけるような 手打ちの蕎麦を提供できるようにしています。 あたりまえのことを、ばかにしないで、ちゃんとやること。   Q3....

相双“このひと”蕎麦酒房 天山 第1回...

蕎麦酒房 天山 第1回       〇 プロフィール   蕎麦酒房 天山   連絡先住所:福島県双葉郡川内村大字上川内字町分211   連絡先電話番号:0240-38-2033  0240-38-3426   メールアドレス:qqmz9fu9k@car.ocn.ne.jp 清れつな湧水と選び抜いた蕎麦粉が、天山の自慢です。 阿武隈山地の南に位置する川内村は、ゆたかな自然と豊富な湧水に恵まれた山郷です。 蕎麦酒房天山の蕎麦は、選び抜いた川内村産の蕎麦粉と当地の湧水を用い 手打ちで仕上げた香りとのど越しが自慢の逸品です。 古民家ならではの落ち着いた佇まいの中で、うまい蕎麦と季節の野菜や川魚 選りすぐった銘酒をご賞味ください。 山郷のゆったりとした時の流れと、くつろぎの空間がここにあります。      Q1....

相双“このひと”相双ボランティア 第3回...

相双ボランティア 第3回  Q4. これからチャレンジしたいことは、どんなことですか。 ここまできたら新たにチャレンジする事はないですが、ずっと継続して そして依頼される方をもっと増やしていきたいです。 つまり需要を掘り下げて拾って行くという事です。 今までしてきたこの活動は、国や役場でもできない事が多く 役場から依頼がまわってくる事もあります。 一人でも多くの方の役に立てれば、幸いです。    Q5....

相双“このひと”相双ボランティア 第2回...

相双ボランティア 第2回 Q2. 力を入れていることは、どんなことですか。 依頼される双葉郡の方達は、あちこちに散らばってるので、まず移動手段が無い方には送迎が必要となります。 その場合、一時立入りの申請から代行して行うというシステムを作りあげました。 その他には、現地の空間線量が高くても作業を行う。 帰還困難区域の場合は人数(車の台数が帯同できるのは2台まで)も 時間(受付からスクリーニングまで5時間以内)も限られているので作業の段取りが大事です。 今では定期的に一時立入りされる方もいます。 最近は4年間で伸び放題の庭木を切って頂けますかという依頼が多くなっています。   Q3....

相双“このひと”相双ボランティア 第1回...

相双ボランティア 第1回       〇 プロフィール   相双ボランティア   連絡先住所:福島県いわき市平字三倉57−3 ホワイトビル101   連絡先電話番号:0246-38-7512   メールアドレス:info@nomadic.to   福島県双葉郡を中心とする相双地区の現地ボランティア。 一時帰宅のお手伝いをはじめ、帰還困難区域、居住制限区域など 相双地区の住民の為ならどこでも行ってお手伝いします。   Q1....