twiter facebook Youtube RSS

開催が近いイベント

4月
1
10:00 ~6/29まで【相馬市】図書館企画展... @ 相馬市図書館
~6/29まで【相馬市】図書館企画展... @ 相馬市図書館
4月 1 @ 10:00 – 6月 29 @ 19:00
~6/29まで【相馬市】図書館企画展示「GoTo読書」 @ 相馬市図書館
      相馬市図書館では、旅をテーマに各都道府県に関連した書籍を集めて企画展示を行います。   本の中では、どこに行くのも自由。   本を読んで旅をした気分になるもよし、今後の旅行先の参考にするもよし。 紙面の旅に出かけてみませんか。   ぜひお越しください。     〇展示期間 2021年4月1日(木)~6月29日(火) 10:00~19:00まで   〇場所 相馬市図書館  住所:〒976-0015 福島県相馬市中村塚ノ町65-16(地図はコチラ)     その他詳細はコチラ     ———————————————————————————————————- ◇お問合せ先◇ 相馬市図書館  住所:〒976-0015 福島県相馬市中村塚ノ町65-16(地図はコチラ)  電話:0244-37-2630 ———————————————————————————————————-              共有:TwitterFacebook
4月
28
終日 (~7/31まで)【葛尾村】村を巡って... @ 葛尾村内
(~7/31まで)【葛尾村】村を巡って... @ 葛尾村内
4月 28 – 7月 31 終日
(~7/31まで)【葛尾村】村を巡って魅力発見、かつらおスタンプラリー @ 葛尾村内
      葛尾村では、2021年4月28日(水)から7月31日(土)まで、かつらおスタンプラリーが開催中です。   この企画は、葛尾村内の11ヵ所の対象店舗のうち4ヵ所以上をご利用いただき、 レシートもしくは合言葉カードを葛尾村復興交流館あぜりあにお持ちいただくと、 先着80名様に葛尾村オリジナル切手シートとクリアファイルをプレゼントいたします。   ※11ヵ所のポイントに、それぞれ異なるデザインの「しみちゃん(葛尾村イメージキャラクター)」が設定されています。     スタンプラリーを通じて、葛尾村内の魅力を感じていただけたら幸いです。   みなさんのご参加をお待ちしております。     〇開催期間 2021年4月28日(水)~7月31日(土)   〇参加方法 ①葛尾村内の対象店舗を巡ってお店を利用し、レシートを受け取る。 ②レシートを「復興交流館あぜりあ」へ持参し、館内スタッフに見せる。 ③巡ったお店ごとのスタンプを押してもらう。 ④合計4つ以上のスタンプを集めて、あぜりあ館内スタッフから景品をもらう。 ※レシートの出ないお店では、レシートの代わりとして「合言葉カード」を受け取ってください。    〇対象店舗 ・石井食堂 ・Café嵐が丘 ・宿泊交流館みどりの里せせらぎ荘 ・復興交流館あぜりあ ・マルイチ商店 ・丸幸商店(ガソリンスタンド) ・松枝商店(ガソリンスタンド) ・松本美容室 ・松本理容 ・Yショップ ヤマサ ・吉田理容所   ※スタンプは、葛尾村復興交流館あぜりあにまとめて置いてあります。  レシートもしくは合言葉カードをあぜりあ内の職員にご提示ください。 ※新型コロナウイルス感染症対策を行ったうえでご参加くださいますようお願いいたします。     その他詳細はコチラ↓ 葛尾むらづくり公社HP – 『村を巡って魅力発見、かつらおスタンプラリー』 URL:https://katsurao-kosya.or.jp/20210430blog/     ———————————————————————————————   ◇お問合せ先◇ 一般社団法人 葛尾むらづくり公社  電話/FAX:0240-23-7765   ◇主催◇ ツール・ド・かつらお実行委員会   ———————————————————————————————              共有:TwitterFacebook
5月
27
09:00 【南相馬市】博物館ミニテーマコー... @ 南相馬市博物館
【南相馬市】博物館ミニテーマコー... @ 南相馬市博物館
5月 27 @ 09:00 – 8月 8 @ 16:45
【南相馬市】博物館ミニテーマコーナー「原田泰治が見た風景 ポピー咲く家」 @ 南相馬市博物館
      南相馬市博物館では、常設展示室の一部を利用し、ミニテーマコーナーを設けています。 (ミニテーマコーナーは、定期的に展示替えをしています。)   今回は東日本大震災から10年目にあたって鎮魂と平安を祈念し、「原田泰治が見た風景 ポピー咲く家」と題した展示企画を開催いたします。   詩情豊かに日本の美しい風景を描く素朴画家の原田泰治氏は、震災後に南相馬市を訪れました。 津波の跡に広がる悲惨な光景を目にした後、ポピーの咲く風景を見つけ、それが亡くなった方々の魂を癒す鎮魂花のように見えたといいます。   この絵は2013年に郡山市で開催された展覧会で大きな反響を呼び、絵が人々の心の支えになることを物語りました。 原田氏が感じ描いた風景を、ぜひ間近でご覧ください。     〇展示期間 2021年5月27日(木)~8月8日(日) ※開館時間 9:00~16:45まで(最終入館は16:00まで)   〇場所 南相馬市博物館 常設展示室  住所:〒975-0051 福島県南相馬市原町区牛来出口194(地図)   〇観覧料 ミニテーマコーナーの観覧には、観覧料が必要です。   ・常設展のみを開催している時 一般    300円(個人) 250円(団体) 高校生   200円(個人) 150円(団体) 小・中学生 100円(個人) 80円 (団体)   ・企画展を開催している時(こちらの観覧料には常設展観覧料が含まれます) 一般    400円(個人) 350円(団体) 高校生   200円(個人) 150円(団体) 小・中学生 100円(個人) 80円 (団体)   ※団体料金は20名以上の団体に適用されます。     その他詳細はコチラ↓ 南相馬市博物館 – ミニテーマコーナー「原田泰治が見た風景 ポピー咲く家」 URL:https://www.city.minamisoma.lg.jp/portal/culture/museum/tenji/josetsuten/8636.html     ————————————————————————————————— ◇お問合せ先◇ 南相馬市博物館  住所:〒975-0051 福島県南相馬市原町区牛来出口194(地図)  電話:0244-23-6421  FAX :0244-24-6933 メール:hakubutsukan@city.minamisoma.lg.jp  WEB :https://www.city.minamisoma.lg.jp/portal/culture/museum/index.html Twitter:https://twitter.com/MinamisomaMuse 開館時間:9:00~16:45まで(最終入館は16:00まで) 休館日:毎週月曜日(月曜日が休日の場合は翌平日)、12/29~1/3まで ※相馬野馬追最終日の7/26日(月)は開館(翌日休館) —————————————————————————————————              共有:TwitterFacebook
6月
16
09:00 【双葉町】東日本大震災・原子力災... @ 東日本大震災・原子力災害伝承館
【双葉町】東日本大震災・原子力災... @ 東日本大震災・原子力災害伝承館
6月 16 @ 09:00 – 7月 15 @ 17:00
【双葉町】東日本大震災・原子力災害伝承館 七夕イベント @ 東日本大震災・原子力災害伝承館
      東日本大震災・原子力災害伝承館では、7月7日(水)の「七夕」にちなんだイベントを初めて開催いたします。     館内に福島県双葉町両竹(もろたけ)地区で採れた竹を設置いたします。 来館される皆さまは、東日本大震災に対する思いや復興への願いなどを短冊に書いて、竹に飾り付けができます。   また、双葉郡の小・中学生に願い事の記入をしていただき、順次飾り付ける予定です。   七夕イベントを通し、多くの方に震災や原子力災害について考えていただければ幸いです。 皆さんのご来館をお待ちしております。   ※福島県双葉町両竹地区は、2020年3月に避難指示が解除された地区です。     〇開催期間 2021年6月16日(水)~7月15日(木)   〇会場 東日本大震災・原子力災害伝承館  住所:〒979-1401 福島県双葉郡双葉町中野高田39(地図)   〇開館時間 9:00~17:00(16:30 最終入館) ※休館日:毎週火曜日 ※火曜日が祝日または振替休日の場合は開館し、その日後でその日に最も近い休日でない日を休館日とします。 ※12月29日~1月3日     その他詳細はコチラ↓ 東日本大震災・原子力災害伝承館HP -「双葉町の竹で「七夕」イベント 6月16日から」 URL:https://www.fipo.or.jp/lore/archives/1917      ———————————————————————————————————- ◇お問合せ先◇ 東日本大震災・原子力災害伝承館  住所:〒979-1401 福島県双葉郡双葉町中野高田39(地図)  電話:0240-23-4402  WEB :https://www.fipo.or.jp/lore/ ———————————————————————————————————-       (写真は東日本大震災・原子力災害伝承館 イベントページのものを引用)        共有:TwitterFacebook
6月
17
13:30 【富岡町】令和3年度 生涯教育講座... @ 富岡町文化交流センター「学びの森」第二研修室
【富岡町】令和3年度 生涯教育講座... @ 富岡町文化交流センター「学びの森」第二研修室
6月 17 @ 13:30 – 15:30
【富岡町】令和3年度 生涯教育講座『古典講読教室』 @ 富岡町文化交流センター「学びの森」第二研修室
      富岡町文化交流センター「学びの森」では、生涯学習講座として「古典講読教室」を開催いたします。   ぜひご参加ください。     〇日時 ①2021年5月20日(木)13:30~15:30 ②2021年6月17日(木)13:30~15:30 ③2021年7月15日(木)13:30~15:30 ④2021年8月19日(木)13:30~15:30 ⑤2021年9月16日(木)13:30~15:30   〇場所 富岡町文化交流センター「学びの森」第二研修室  住所:〒979-1151 福島県双葉郡富岡町本岡王塚622-1(地図)   〇参加費 2,000円程度 ※教材費として   〇申込み方法 所定の申込み用紙に必要事項を記入して、5月7日(金)までに富岡町文化交流センター「学びの森」生涯学習課までご提出ください。 ※応募多数の場合は抽選となります。   〇定員 10名程度   〇講師 青木 淑子 氏(元県立高校国語科教員)     その他詳細はコチラ↓ 富岡町文化交流センター「学びの森」HP『令和3年度上半期生涯学習講座のお知らせ』 URL:http://www.manamori.jp/posts/news69.html     ——————————————————————————————————— ◇お問合せ先◇ 富岡町教育委員会 生涯学習課 生涯学習係  電話:0240-22-2626  住所:〒979-1151 福島県双葉郡富岡町本岡王塚622-1(地図)  WEB :http://www.manamori.jp/index.html ———————————————————————————————————              共有:TwitterFacebook
19:00 【南相馬市】原町青年会議所「異業... @ 福島ロボットテストフィールド
【南相馬市】原町青年会議所「異業... @ 福島ロボットテストフィールド
6月 17 @ 19:00 – 20:30
【南相馬市】原町青年会議所「異業種交流会」 @ 福島ロボットテストフィールド
      一般社団法人原町青年会議所では、異業種間での情報交換や交流を通じて新たなビジネスの模索・誕生などを目指す場として、「異業種交流会」を開催いたします。   当日は、名刺交換や自己PRタイムを設ける予定です。 この機会をぜひ有効活用してください!     ※新型コロナウイルス感染症対策をとって開催いたします。マスクの着用など、ご協力をよろしくお願いいたします。     〇日時 2021年6月17日(木) 19:00~20:30(受付 18:30~)   〇会場 福島ロボットテストフィールド  住所:〒975-0036 福島県南相馬市原町区萱浜 新赤沼83番地(地図)   〇参加費 無料 ※ドリンク付き   〇対象者 どなたでも(年齢制限なし) ※事前予約制となります。詳しくはチラシ記載のQRコードまたはお電話よりお問合せください。   〇服装 自由です。指定はございません。     その他詳細はコチラ↓ 福島ロボットテストフィールド – 異業種交流会 URL:https://twitter.com/H_KANKO/status/1397453039259197441     ———————————————————————————————————- ◇お申込み・お問合せ先/主催◇ 一般社団法人原町青年会議所  住所:〒975-0008 福島県南相馬市原町区本町2丁目55-1  電話:0244-23-5520  WEB :https://jc450.com/ ———————————————————————————————————-              共有:TwitterFacebook
6月
18
14:00 2021相農ショップOPEN!! @ 福島県立相馬農業高等学校
2021相農ショップOPEN!! @ 福島県立相馬農業高等学校
6月 18 @ 14:00
2021相農ショップOPEN!! @ 福島県立相馬農業高等学校
2020相農ショップOPEN!! 整理券配布 13:00~ / 開店時間 14:00~ 第1回 5月14日(金)  「令和3(2021)年度 第1回 相農ショップ」https://sosobureau.yumesoso.jp/archives/24916 第2回 6月18日(金) 第3回 7月15日(木) 第4回 9月9日(木) 第5回 10月12日(金) 第6回 11月12日(金) 第7回 12月10日(金) ※ 相農ショップ開催等につきましては相馬農業高等学校webにてご確認ください。 住所:福島県南相馬市原町区三島町1丁目65 (地図はこちらから) 相双ゆたどさで、これまでの相農ショップ         共有:TwitterFacebook
6月
20
09:00 【川内村】第9回 平伏沼観察会 @ 川内いわなの郷 体験交流館 駐車場(集合場所)
【川内村】第9回 平伏沼観察会 @ 川内いわなの郷 体験交流館 駐車場(集合場所)
6月 20 @ 09:00 – 15:00
【川内村】第9回 平伏沼観察会 @ 川内いわなの郷 体験交流館 駐車場(集合場所)
      川内村にある平伏沼。 川内村観光協会では、自然の様子を学び楽しんでいただく観察会を開催しています。   昨年は中止となりましたが、今年は新型コロナウイルス感染対策をとりながら開催いたします。   また、今年は3回の座学を予定しております。 第1回目のみ、座学と平伏沼の観察を行います。   例年よりも、より深く様々な動植物について知ることができる座学にできればと思っております。   皆さまのご参加をおまちしております。   ※新型コロナウイルス感染症対策として、マスクの着用にご協力よろしくお願いいたします。 ※感染状況により、本イベントの開催が中止となる可能性がございます。予めご了承ください。     〇日時 2021年6月20日(日) 9:00~15:00(雨天決行)   〇スケジュール 09:00 集合・受付(川内いわなの郷 体験交流館 駐車場) 10:00 観察会(平伏沼) 12:00 昼食 13:00 座学(いわなの郷体験交流館ふれあいホール)     ・薄葉 満 氏 「日沼の湿地の水生植物」     ・吉井 重幸氏 「福島県の水生昆虫」     ・平澤 桂 氏 「ヒラサワツブゲンゴロウ平伏沼で発見!」     ・小吹 純子氏 「知ってほしいクモの魅力」 15:00 解散   〇集合場所 いわなの郷 体験交流館 駐車場  住所:〒979-1201 福島県双葉郡川内村上川内炭焼場516(地図)   ※見学場所である平伏沼にはマイクロバスで送迎いたします。   〇参加費 お一人様 1,000円(資料代、傷害保険代等を含みます。)   〇持参物 昼食、飲み物、帽子、長袖、雨具、長靴等   ※沼周辺がぬかるんでいる可能性がございますので、長靴での参加をおすすめします。 ※いわなの郷内「幻魚亭」で昼食をとることができます。   〇定員 25名   ※新型コロナウイルス感染症対策として、福島県内在住の方に限定させていただきます。   〇申込方法 氏名、生年月日、住所、連絡先を下記連絡先まで電話またはFAX、メールにてお知らせください。   「川内村観光協会」  電話:0240-38-2346  FAX :0240-38-3418 メール:kawauchi@coral.ocn.ne.jp   〇申込締切 2021年6月11日(金)     第2回目座学 7月4日(日) 講師:稲葉修氏 他 第3回目座学 8月8日(日) 講師:三田村敏正氏 他   を予定しております。詳細につきましては決まり次第お知らせいたします。     その他詳細はコチラ↓ 川内村観光協会 – 「参加者募集:平伏沼観察会」 URL:http://kawauchimura.com/%e5%8f%82%e5%8a%a0%e8%80%85%e5%8b%9f%e9%9b%86%ef%bc%9a%e5%b9%b3%e4%bc%8f%e6%b2%bc%e8%a6%b3%e5%af%9f%e4%bc%9a/      ——————————————————————————————– ◇お申込み・お問合せ先/主催◇ 川内村観光協会  電話:0240-38-2346  FAX :0240-38-3418 メール:kawauchi@coral.ocn.ne.jp   ◇協力◇ 株式会社 あぶくま川内   ◇後援◇ 川内村 ——————————————————————————————–              共有:TwitterFacebook
10:00 【葛尾村】田村うまいものフェア ... @ 郡山市JA農産物直売施設「あぐりあ」
【葛尾村】田村うまいものフェア ... @ 郡山市JA農産物直売施設「あぐりあ」
6月 20 @ 10:00 – 17:00
【葛尾村】田村うまいものフェア  in あぐりあ(産品販売) @ 郡山市JA農産物直売施設「あぐりあ」
      2021年3月16日(火)に郡山市でオープンしたばかりの農産物直売施設『あぐりあ』。   2021年6月20日(土)、この地で田村市がメインの自治体となって「田村うまいものフェア」を開催いたします!   そして今回、郡山市のJA農産物直売施設「あぐりあ」で物産を販売するにあたり、協力関係にある葛尾村にもお声がけ いただき出展が実現されました!!   『うなおむすび』『山ぶどう関連商品』『えごま関連商品』『ハム工房都路』などが出品予定にくわえて、葛尾村からもとっておきの物産を販売いたします。   また、1,000円以上のお買い上げで先着100名様に「あぶくまの天然水」をプレゼントします。     色とりどりの素敵な産物たちとともに、みなさまのお越しをお待ちしております!     〇日時 2021年6月20日(日) 10:00~17:00   〇場所 郡山市JA農産物直売施設「あぐりあ」  住所:〒963-0112 福島県郡山市安積町成田1-20-1 郡山カルチャーパーク隣(地図)     その他詳細はコチラ↓ 一般社団法人葛尾むらづくり公社HP -「葛尾村産品販売会 in あぐりあ」 URL:https://katsurao-kosya.or.jp/events/20210620/              共有:TwitterFacebook
6月
21
10:00 【南相馬市】ペアレント・プログラ... @ 南相馬市 原町保健センター
【南相馬市】ペアレント・プログラ... @ 南相馬市 原町保健センター
6月 21 @ 10:00 – 11:30
【南相馬市】ペアレント・プログラム講座 @ 南相馬市 原町保健センター
      南相馬市では、ほめて育てる子育てのコツを学ぶ「ペアレント・プログラム講座(全6回)」を開催いたします。 自信をもって楽しく子育てできるよう後押しいたします。   みなさんの受講をお待ちしております。     〇時間 10:00~11:30 (各回ともに)   〇場所 南相馬市原町保健センター  住所:福島県南相馬市原町区小川町322-1(地図)  電話:0244-23-3680   〇参加対象者 3歳以上のお子さんを子育て中の保護者   〇定員 先着10名   〇申込先 南相馬市原町保健センター  住所:福島県南相馬市原町区小川町322-1(地図)  電話:0244-23-3680   〇申込期限 2021年5月6日(木)まで   〇持参物 筆記用具   〇託児 原則として1歳未満のお子さんのみ、お預かりいたします。 事前にご相談ください。     詳細はコチラ↓ 南相馬市HP – 「ペアレント・プログラム講座」 URL:https://www.city.minamisoma.lg.jp/portal/childcare/shussan_kosodate/2/1/8476.html     ———————————————————————————————————— ◇お問合せ先◇ 南相馬市役所 こども未来部 こども家庭課 こども総合相談室  住所:〒975-8686 福島県南相馬市原町区本町2丁目27(東庁舎1階)  電話:0244-24-5407 ————————————————————————————————————            共有:TwitterFacebook
相双ゆたどさ

相双神旗ディネード

令和元年度南相馬市博物館企画展「奥相三十三所観音巡り」


令和元年度南相馬市博物館企画展「奥相三十三所観音巡り」
 
 南相馬市博物館では
 令和元(2019)年9月14日(土)より11月10日(日)まで
 企画展「奥相三十三所観音巡り」が展示・開催されています。
 
 [相双ビューローイベント情報]
 (11/10まで)令和元年度企画展「奥相三十三所観音巡り」
 http://sosobureau.yumesoso.jp/archives/21368
 

相双地方には、奥相三十三所観音(おうそうさんじゅうさんしょかんのん)巡りという、
33か所の観音堂を巡拝する風習があります。

この風習は江戸時代中頃(18世紀)に相馬昌胤(中村藩5代藩主)が
西国三十三所観音札所にならい、
領内に札所を定めたことに始まります。
以来、相双地方の人々の心の拠り所として信仰され、親しまれてきました。

しかし、近年では社会の変化や震災・原発事故の影響により、
巡拝者の数は減少し、双葉郡の一部では、原発事故による立入り規制のため、
現在も参拝やお堂の維持管理ができない状態が続いています。

このような現状から、変わりゆく風習を見つめなおすきっかけとして、本展を開催いたします。

奥相三十三所観音巡りにまつわる資料や観音像を中心に、
個性豊かな三十三のお堂の見どころや、
立入り規制されているお堂も写真展示で紹介します。

開創から300年余り、相双の町の中や静かな林の中に、
私達の身近な祈りの場としてたたずむ観音札所を、ゆっくり巡ってみませんか。
(南相馬市博物館webより)

(南相馬市博物館より許可をいただき撮影しています)
博物館入り口を入ると正面に、第十番札所 泉観音堂の絵画

展示場までのエントランスホールでは「記念物100年展」
南相馬市内外の国指定記念物が紹介されています。
令和元年度南相馬市博物館企画展「奥相三十三所観音巡り」

企画展示場入り口右手の壁に、この企画展開催にあたってと
観音信仰と札所めぐり、奥相三十三所観音、奥相三十三所観音制定の背景
奥相三十三観音の霊場を定めた、奥州中村藩五代藩主相馬昌胤について
それぞれのパネルで紹介されています。
令和元年度南相馬市博物館企画展「奥相三十三所観音巡り」

昌胤は、江戸幕府五大将軍徳川綱吉に奥詰として仕え
側用人へ任じられました。
信仰心が篤く、奥州中村藩領の寺社の造営・修築を数多く残しました。
自身の身体も弱く、身内にも不幸が度重なり
また、一族、領民の平穏と繁栄の祈念が背景にあり
領民に観音信仰を広める目的と
昌胤自身が歌道に優れ、和歌のさらなる上達を願ってのことも
さらに西国へ巡礼に出かける領民の大きな出費を抑える目的などで
奥相三十三所観音霊場制定に至ったと、説明をいただきました。
紙本著色相馬昌胤像

相馬昌胤直筆の書
令和元年度南相馬市博物館企画展「奥相三十三所観音巡り」 令和元年度南相馬市博物館企画展「奥相三十三所観音巡り」

奥州中村藩歌道師範、打陀光軌(うった みつのり)が
中院通茂(なかのいん みちしげ)から古今和歌集の古今伝授を相伝した「謌道相伝譜」
“相馬弾正平朝臣昌胤公”も記されています。
令和元年度南相馬市博物館企画展「奥相三十三所観音巡り」

神仏への信仰心が篤かった相馬昌胤の修理銘がある
勝軍地蔵(地蔵菩薩立像)
令和元年度南相馬市博物館企画展「奥相三十三所観音巡り」 令和元年度南相馬市博物館企画展「奥相三十三所観音巡り」

奥州中村藩の能楽の記録、蒔絵の鼓
令和元年度南相馬市博物館企画展「奥相三十三所観音巡り」

奥相三十三所観音の地図や、巡礼へ出かける巡礼者の装束、巡礼の目的
三十三所へ祀られている観音さまの案内、御詠歌の書巻などが展示され
令和元年度南相馬市博物館企画展「奥相三十三所観音巡り」 令和元年度南相馬市博物館企画展「奥相三十三所観音巡り」

一番札所から順に
所在地、御本尊、御詠歌、由緒、見どころが、紹介されています。
令和元年度南相馬市博物館企画展「奥相三十三所観音巡り」 令和元年度南相馬市博物館企画展「奥相三十三所観音巡り」
※ 一部立ち入り制限等のために現在拝観できない札所があります。

巡礼者が現世や来世の御利益、御加護を祈念して
観音堂へ打ち付けた納札(おさめふだ)

真言宗豊山派の大師講と、現代の御詠歌の動画
令和元年度南相馬市博物館企画展「奥相三十三所観音巡り」 令和元年度南相馬市博物館企画展「奥相三十三所観音巡り」
※ 札打ち(貼り)が可能であるか、また、どこへ貼って良いかなど
  お寺や管理する行政区へご確認ください。

現代の御詠歌と法具(真言宗豊山派、曹洞宗梅花流)
令和元年度南相馬市博物館企画展「奥相三十三所観音巡り」 令和元年度南相馬市博物館企画展「奥相三十三所観音巡り」

巡礼の際、御詠歌とともに唱えられる般若心経。
江戸の昔、文字の読めなかった庶民のために考案された
般若心経を絵で表現したものの
現代版の文具も合わせて展示されています。
令和元年度南相馬市博物館企画展「奥相三十三所観音巡り」

令和元年度南相馬市博物館企画展「奥相三十三所観音巡り」
※ 御詠歌……仏を讃える「和讃」をさらに短くし五・七・五・七・七調で詠んだもの。
      鈴鉦を用いて唱える。

奥相三十三所観音から
下総から奥州下向の際に同行の武士が鎧櫃に納めて
この地に安置されたといわれる鎌倉時代の観音像。
第八番札所 程田観音(木造聖観音菩薩立像)
令和元年度南相馬市博物館企画展「奥相三十三所観音巡り」

鎌倉時代に、この地で制作されたと考えられている
第十番札所 泉観音(木造十一面観音菩薩立像)の複製
 
泉観音御本尊は、2019年10月1日(火)~12月1日(日)まで
東京国立博物館の「文化財よ永遠に」展へ展示されます。
東京国立博物館 – 展示 日本美術(本館) 住友財団修復助成30年記念 特別企画「文化財よ、永遠に」
URL:https://www.tnm.jp/modules/r_free_page/index.php?id=1958
令和元年度南相馬市博物館企画展「奥相三十三所観音巡り」 東京国立博物館 - 展示 日本美術(本館) 住友財団修復助成30年記念 特別企画「文化財よ、永遠に」

令和元年度南相馬市博物館企画展「奥相三十三所観音巡り」
 
 室町時代に、この地方で作られたと考えられている
 カツラの木一木造
 第十四番札所 福岡観音(下岩崎の聖観音菩薩立像)
 この観音さまは東日本大震災の津波で
 お堂ごと流されてしまいましたが
 泥の中から発見され修復ののちに
 地元の地蔵堂に仮安置されたそうです。
 
 潮に浸かり、陽にさらされてのひびや
 波に揉まれての傷などが散見されました。
 


令和元年度南相馬市博物館企画展「奥相三十三所観音巡り」 令和元年度南相馬市博物館企画展「奥相三十三所観音巡り」

西国や四国の巡礼が有名ですが
会津三十三所観音など福島県内にも
たくさんの札所があります。

相馬には、今回展示の奥相三十三所観音のほか
相馬市にも宇多郷三十三所観音もあり
展示の最後には「巡りの魅力」と題した案内がされていました。
令和元年度南相馬市博物館企画展「奥相三十三所観音巡り」 令和元年度南相馬市博物館企画展「奥相三十三所観音巡り」

奥州中村藩相馬家が戦国の昔から
領民の安寧と藩領の繁栄を祈念して続いてきた“相馬野馬追”と
同じ想いで地域の先人たちも巡礼に出かけた三十三所観音。

南相馬市博物館で2019年11月10日(日)まで展示開催です。
令和元年度南相馬市博物館企画展「奥相三十三所観音巡り」
南相馬市博物館 令和元年度企画展 「奥相三十三所観音巡り」展示期間中に
御朱印風オリジナルお札がいただけます。
(南相馬市博物館より許可をいただき撮影しています)

南相馬市博物館
令和元年度企画展 「奥相三十三所観音巡り」

令和元(2019)年9月14日(土)~11月10日(日)

開館時間:9:00~16:45
     (最終入館16:00)

休館日:毎週月曜日(月曜日が休日の場合は翌平日)

観覧料:※企画展開催時(常設展観覧料含む)
 一 般  400円(350円)
 高校生  200円(150円)
 小中学生 100円( 80円)
 ()は20名以上の団体割引料金
 南相馬市・飯舘村に居住・通学する小中高生は無料
 障がい者の方(と、付添いの方1名)は無料(手帳の提示が必要です)

無料観覧日:
 10/22(火・祝) ※即位礼正殿の儀の日
 11/3(日・祝) ※東北文化の日

令和元年度南相馬市博物館企画展「奥相三十三所観音巡り」
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
◇南相馬市博物館
開館時間:9:00~16:45(最終入館16:00)
休館日:
  ・毎週月曜日(月曜日が休日の場合は翌平日)
  ・12月29日から翌年1月3日
  ・相馬野馬追最終日の月曜日は開館(翌日休館)
住所:福島県南相馬市原町区牛来字出口194[地図はこちらから]
TEL:0244-23-6421
観覧料、その他詳細は南相馬市博物館
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

 



関連記事はこちら

※~3月31日(水)まで【双葉町】東日本大震災報道写真展3.11「あの日」からの10年 / 浜通り「いきいきふるさと&震災10年の歩み」展 2021年2月22日
東日本大震災・原子力災害伝承館では、東日本大震災報道写真展が開催されています。 2021年3月11日で、東日本大震災の...
東日本大震災で犠牲となられた方々のご冥福をお祈りさせていただきます 2016年3月11日
[福島県]平成27年度 3月11日ふくしま追悼復興祈念行事 http://www.pref.fukushima.lg.j...
相馬のおみやげに、そうまデザイン工房“そうまの空の下で” 2018年5月31日
相馬市の、そうまデザイン工房さんより 相馬市のおみやげにと考案し作成したシールセットが 2018年5月19日(土)完成し...
南相馬&杉並トモダチプロジェクトゆめはっと公演DVD上映会 2017年1月18日
2017年1月15日(日)、南相馬市情報交流センター マルチメディアホールで 南相馬&杉並トモダチプロジェクトが2016...
相双“このひと” ふたばいんふぉ【富岡町】 2020年1月30日
  双葉郡8町村(広野町・楢葉町・富岡町・川内村・大熊町・双葉町・浪江町・葛尾村)を展示パネルで紹介。 充実...

facebookコメント

facebookページもチェック!