twiter facebook Youtube RSS

開催が近いイベント

9月
1
終日 (~11/29まで)【相馬市】図書館企... 相馬市図書館
(~11/29まで)【相馬市】図書館企... 相馬市図書館
9月 1 – 11月 29 終日
(~11/29まで)【相馬市】図書館企画展示「『アート』古関裕而と芸術の秋の調べ」 @ 相馬市図書館
       秋といえば、読書の秋、芸術の秋。     図書館は、NHKドラマ「エール」にちなんで、音楽をテーマにした作品を展示します。   福島県出身の作曲家、古関裕而や昭和歌謡、福島の音楽に関連した書籍やCDなども並べています。   音楽関連のイベントがなかなか難しい今だからこそ、改めて音楽のすばらしさ、音楽の持つ力について考えてみませんか?   秋の夜長に音楽に思いをはせてみてはいかがでしょう。     ぜひ、お越しください。     その他詳細はコチラから     ————————————————————————————————————- お問合せ先   相馬市図書館 住所:福島県相馬市中村字塚ノ町65-16(振興公社駅ビル内)⇒地図はコチラ 電話:0244-37-2630 ————————————————————————————————————-              
9月
23
終日 (~12/13まで募集中)【双葉郡】... 双葉8町村、オンラインなど(SNS:Instagram上)
(~12/13まで募集中)【双葉郡】... 双葉8町村、オンラインなど(SNS:Instagram上)
9月 23 – 12月 13 終日
(~12/13まで募集中)【双葉郡】双葉郡フォトコンテスト~あなたとつながる、ふたば。~ @ 双葉8町村、オンラインなど(SNS:Instagram上)
      双葉8町村では、『双葉郡フォトコンテスト』として、写真作品を募集しております!     東日本大震災発生からもうすぐ10年。 双葉郡の今と昔を写真でシェアしてみませんか?   今回は「今(リアルタイムふたば部門)」と「昔(ふたばタイムカプセル部門)」の2部門で募集いたします。   震災を乗り越え、新しいまちづくりを進める姿。   震災前にあった懐かしい場所、懐かしい風景。 未来に語り継いでいきたい故郷のかたち。   それぞれの目線から撮影した素敵な写真をぜひお寄せください!     〇開催期間 2020年9月23日(水)~12月13日(日)   〇対象地域 双葉8町村(広野町、楢葉町、富岡町、川内村、大熊町、双葉町、浪江町、葛尾村)   〇応募項目 ・リアルタイムふたば部門   新しいまちづくりが加速する双葉郡。復興に向けた取り組みやイベントはもちろん、   日常の何気ない風景など、あなたが魅力を感じる「リアルタイムふたば」を発信するもの。 ・ふたばタイムカプセル部門   大切な人に伝えたい、震災前のふるさと双葉郡。懐かしい風景やお祭り、日々の営みなど、   あなたが未来に残したい「ふたばタイムカプセル」を再発掘。   〇申込み/参加方法 下記の3通りの方法にてご応募ください。  ①Instagramから応募  ・Instagramアカウント「あなたとつながる、ふたば。」をフォロー。  ・ハッシュタグ「#つながるふたばフォトコン」「#町村名」「#スポット名」「#今 or #昔」   をすべて付けて投稿ください。   ②専用応募フォームから応募  ・リンク先の応募フォームに必要事項を入力し、写真データ(JPEG形式)を添付してご応募ください。   ③郵送での応募  ・双葉郡内で撮影した写真をA4用紙へ出力。  ・必要事項(氏名、住所、年齢、電話番号、応募部門(今 or 昔)、撮影場所(市町村名、スポット名)、   タイトル、一言コメントを記載した用紙を同封の上、下記事務局まで郵送ください。   郵送先→「あなたとつながる、ふたば。」フォトコンテスト運営事務局(株式会社エス・シー・シー内)      住所:〒960-2153 福島県福島市庄野字柿場1-1   ※お一人様何枚でもご応募いただけます。 ※スマートフォンカメラで撮影した写真のご応募も可能です。 ※「昔部門」は、東日本大震災以前であれば、どんなに昔の写真でもご応募いただけます。     その他詳細はコチラ     ——————————————————————————————————— ◇お問合せ先◇   「あなたとつながる、ふたば。」フォトコンテスト運営事務局(株式会社エス・シー・シー内)  住所:〒960-2153 福島県福島市庄野字柿場1-1  電話:024-593-0500 ———————————————————————————————————            
10月
1
終日 (~12/31まで)常磐線全線運転再開... 福島県内常磐線全駅(28駅)
(~12/31まで)常磐線全線運転再開... 福島県内常磐線全駅(28駅)
10月 1 – 12月 31 終日
(~12/31まで)常磐線全線運転再開記念スマホスタンプラリー @ 福島県内常磐線全駅(28駅)
スタンプを集めて賞品をGET!! 常磐線全線運転再開記念スマホスタンプラリー 2020.10.1(木)~12.31(木) 令和2年3月14日(土)、待ちに待った常磐線全線の運転が再開しました。 運転再開を記念して、福島県内の常磐線全駅(28駅)での、スマホスタンプラリーを実施! 浜通り地方の現在の復興の様子をこの機会に是非ご覧ください。 スタンプラリー参加方法など、詳しくは 常磐線全線運転再開記念スマホスタンプラリーweb        
終日 (~2020.11.30まで)浜海道復興応援...
(~2020.11.30まで)浜海道復興応援...
10月 1 – 11月 30 終日
(~2020.11.30まで)浜海道復興応援キャンペーン
常磐線で行こう。 浜通りの笑顔に会いに。 浜海道復興応援キャンペーン 2020年10月1日(木)~11月30日(月) 2020年3月14日(土)、常磐線は前線で運転を再開し、9年ぶりに首都圏、浜通り、仙台圏がつながりました。 JR東日本水戸支社は、浜通りを中心とした復興エリアのPRと観光誘客を目的として 「浜海道復興応援キャンペーン」を開催します。 ○浜海道謎解きラリー「浜海道謎解き 歴史街歩き」で沿線地域を盛り上げます! ○浜街道手ぬぐいスタンプラリー「浜街道手ぬぐい手帖」で名所を巡りながら  オリジナルの記念手ぬぐいが作れます! ○いわき駅と仙台駅で地域の魅力を発信します! イベント詳細は、「浜海道復興応援キャンペーン」(URL:http://www.jrmito.com/hamakaido/)        
09:00 (10/1~11/29まで)【南相馬市... 南相馬市博物館
(10/1~11/29まで)【南相馬市... 南相馬市博物館
10月 1 @ 09:00 – 11月 29 @ 16:45
(10/1~11/29まで)【南相馬市】南相馬市博物館企画展「冥界(めいかい)へようこそ」/関連講座「彼方の世界をどうみてきたか」 @ 南相馬市博物館
      南相馬市博物館では、「冥界へようこそ-仏画・幽霊画などからみた死生観」と題して 市内に伝わる仏画・幽霊画・民俗例などから、伝統的な死生観や他界観を紹介します。   ぜひお越しください。   〇展示期間 2020年10月1日(木)~11月29日(日)9:00~16:45 ※最終入館は16:00まで   〇場所 南相馬市博物館  住所:福島県南相馬市原町区牛来出口194(地図はコチラ)   〇観覧料 一般:   400円(350円) 高校生:  200円(150円) 小・中学生:100円(80円) ※観覧料には常設展観覧料を含みます。( )内の料金は20人以上の団体料金です。   〇休館日 毎週月曜日 ※11月23日(月曜日・祝日)は開館。11月24日(火)は閉館。       —– —– —–   展示期間中には、関連講座 「彼方の世界をどうみてきたか-私たちの他界観・来世観」 も開催いたします!   講座は申し込みが必要になりますのでご注意ください! あわせてご参加をお待ちしております。     〇日時 2020年11月15日(日)13:30~15:30   〇場所 南相馬市博物館 館内シアター  住所:福島県南相馬市原町区牛来出口194(地図はコチラ)    〇定員 25人(申込順となります。)   〇講師 岩崎真幸氏(みちのく民俗文化研究所代表)   〇持ち物 筆記用具   〇申込方法 お電話にてご応募ください。 電話:0244-23-6421   ※新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、マスクの着用などにご協力ください。 ※感染の拡大状況によっては、展示の中止など、内容を変更する場合がございます。     その他詳細はコチラ      ————————————————————————————————————– お問合せ先   南相馬市博物館 住所:南相馬市原町区牛来字出口194 電話:0244-23-6421 FAX:0244-24-6933 ————————————————————————————————————–              
10月
17
終日 (~11/30まで)【南相馬市鹿島区】... 南相馬市鹿島区
(~11/30まで)【南相馬市鹿島区】... 南相馬市鹿島区
10月 17 – 11月 30 終日
(~11/30まで)【南相馬市鹿島区】除疫開運 神社仏閣スタンプラリー @ 南相馬市鹿島区
除疫開運 神社仏閣スタンプラリー スタンプラリー開催期間 2020年10月17日(土)~11月30日(月) 新型コロナウィルスの終息を願い疫病退散や病気平癒にゆかりのある 八坂神社、牛頭天王、薬師堂などの神社仏閣30社をめぐります。 ・鹿島区内の隠れた魅力を再発見する神社仏閣スタンプラリーの開催 ・抽選で鹿島区の逸品を110名様にプレゼント [スタンプラリー台紙の設置場所] ・鹿島区:鹿島区役所、セデッテかしま、Honda Cars南相馬鹿島店      みそ漬処 香の蔵、松月堂、若松味噌醤油店、魚菜料理 万葉亭 ほか ・原町区:南相馬観光協会、道の駅 南相馬、だいこんや 主催:かしま(南相馬)を盛り上げ隊 facebook:https://www.facebook.com/kashima.minamisoma.moriage お問い合わせ:魚菜料理 万葉亭 桑折 TEL:080-6016-1101        
10月
23
終日 ~2021.1.22まで【双葉郡楢葉町】... 双葉郡楢葉町各所
~2021.1.22まで【双葉郡楢葉町】... 双葉郡楢葉町各所
10月 23 2020 – 1月 22 2021 終日
~2021.1.22まで【双葉郡楢葉町】スポーツも観光も楽しもう!ならはスタンプラリー @ 双葉郡楢葉町各所
      楢葉町の名所を回ってスポーツグッズを手に入れよう!   楢葉町スポーツコミッションは、楢葉町内を楽しく巡るイベント「ならはスタンプラリー」を開催いたします!   ※楢葉町スポーツコミッションは、2020年4月1日から一般社団法人 楢葉町スポーツ協会内に設置された、  スポーツと地域資源を活用したまちづくりや地域活性化を推進する組織です。      スタンプの場所は計18か所。楢葉町内にあるスポーツ施設、観光地、飲食店などにスポットが設定されています。   スマートフォンとQRコードを読み取るアプリを使って気軽にご参加いただけるデジタルスタンプラリー形式です。 このスタンプを一定数集めると、素敵な景品と交換ができます! 景品は楢葉町にあるJヴィレッジにちなんでサッカーに関する非売品グッズとなります!   数に限りがございますので、ご注意ください。     ぜひこの機会に「スポーツの聖地 楢葉町」を満喫してください!     その他詳細はコチラ     〇開催期間 2020年10月23日(金)~2021年1月22日(金)   〇スタンプラリー参加施設 ※順不同、敬称略(計18か所) 《スポーツ施設》 ・ならはスカイアリーナ ・Jヴィレッジ ・天神岬スポーツ公園   《観光施設等》 ・道の駅ならは ・木戸川鮭簗場 ・ここなら笑店街 ・みんなの交流館ならはCANvas ・天神岬温泉しおかぜ荘   《飲食店》 ・なら福 ・玉屋 ・海鮮料理よしだ ・武ちゃん食堂 ・一平 ・ランチ居酒屋すずみや ・そば処やぶそば ・菓子処かんの家 ・知床屋 ・豚壱本店   ※上記施設で施設利用、商品購入、飲食のいずれかをされた方のみ、当該施設のスタンプを獲得可能です。   〇ノベルティ獲得条件 上記施設で3個以上のスタンプを獲得いただいた方にノベルティをお渡しいたします。   さらに6個以上の獲得で特別なノベルティをプレゼントいたします!   〇ノベルティ引き渡し場所 ①スカイアリーナ総合受付 (営業時間 9:00~21:00) ※毎週水曜日休館   ②道の駅ならは物産館レジ (営業時間 9:00~18:00) ※年中無休   ③天神岬温泉しおかぜ荘フロント (営業時間 9:00~21:00) ※毎週木曜日10:00~15:30休業    ※クリア特典が「受け取り可能」となっていることを確認し、上記3か所のいずれかでスマホ画面をご提示ください。 ※各施設の営業時間・定休日にご注意ください。     その他イベント参加における注意事項など詳細はコチラ     ——————————————————————————————————- ◇お問合せ先◇   楢葉町スポーツコミッション(一般社団法人楢葉町スポーツ協会内)  住所:〒979-0605 楢葉町大字大谷字上ノ原16 スカイアリーナ内  電話:0240-26-0076 ——————————————————————————————————-                
11月
1
終日 (~2021/1/15まで)【相馬市】図書... 相馬市図書館
(~2021/1/15まで)【相馬市】図書... 相馬市図書館
11月 1 2020 – 1月 15 2021 終日
(~2021/1/15まで)【相馬市】図書館企画展示「冬休みすいせん図書」 @ 相馬市図書館
      相馬市図書館では、読書の秋から冬休みの期間に合わせてすいせん図書の企画展示を開催いたします!!   ゆったりと本を読むのはいかがでしょうか?   ぜひお越しください。   ※貸出し期間は、通常の本と異なり1週間となります。   ぜひ、お越しください。      その他詳細はコチラから     ————————————————————————————————————- ◇お問合せ先◇   相馬市図書館 住所:福島県相馬市中村字塚ノ町65-16(振興公社駅ビル内)⇒地図はコチラ 電話:0244-37-2630 ————————————————————————————————————-              
終日 ~11/29まで【福島県】福島くらし... オンライン上(ミーティングアプリケーション『Zoom』ほか)
~11/29まで【福島県】福島くらし... オンライン上(ミーティングアプリケーション『Zoom』ほか)
11月 1 – 11月 29 終日
~11/29まで【福島県】福島くらし&しごとフェア2020 @ オンライン上(ミーティングアプリケーション『Zoom』ほか)
      福島県主催の移住・定住イベント「福島くらし&しごとフェア2020」。 このイベントには相双地域の自治体も参加しています。   福島県内の市町村や団体が大集合。 ALLふくしまで移住を応援し、一人ひとりに合ったふくしまぐらしを一緒に見つけてみませんか?   移住に興味がある方、または移住を検討している方など、どなたでもお気軽にご相談ください。   ※今回は新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、オンラインでの開催となります。      〇開催期間 2020年11月1日(月)~11月29日(日)   〇開催場所 オンライン開催 ※対応ツールにつきましては公式ホームページをご覧ください。   〇参加方法 移住相談には事前予約が必要となります。 公式ホームページからお申込みください。   ※相談をご希望の方で、オンライン予約ができない場合は、相談予約カードを ダウンロードして、必要事項を記入の上、カードに記載されているメールアドレ スまで送信してください。 相談予約受付カード(Excelファイル)     その他詳細はコチラ     ———————————————————————————————————– ◇お問合せ先◇   福島県庁 地域振興課  電話:024-521-8023 メール:ui-turn@pref.fukushima.lg.jp ———————————————————————————————————–              
11月
5
終日 ※ ~12/4まで募集中 ※【双葉郡楢葉...
※ ~12/4まで募集中 ※【双葉郡楢葉...
11月 5 – 12月 4 終日
※ ~12/4まで募集中 ※【双葉郡楢葉町】新設小学校「校名」/校歌に入れる「言葉・フレーズ」を募集します!
      楢葉町では令和4年度に、『楢葉南小学校』と『楢葉北小学校』を統合した、新しい小学校の開校を予定しております。   新しい小学校が、地域に愛される学校となるよう、皆さんから「校名」と校歌に入れたい「言葉・フレーズ」を募集します。     〇募集期間 2020年11月5日(木)~2020年12月4日(金) ※当日消印有効   〇応募方法 チラシ裏面の応募用紙に必要事項をご記入のうえ、楢葉町教育委員会に直接お持ちになるか、 郵送、FAX、電子メールにてご応募ください。   ※応募用紙は楢葉町役場該当ページからダウンロード または 教育委員会窓口にて配布いたします。 郵送先 〒979-0604 福島県双葉郡楢葉町大字北田字鐘突堂5-4  楢葉町教育委員会 あて   メールアドレス kyoiku-n@town.naraha.lg.jp   FAX 0240-25-4703   〇応募資格 ・楢葉町に住所のある方 ※平成23年3月11日に住所のあった方も対象となります。   ・楢葉町立の小学校、中学校を卒業した方   〇応募条件 ・応募は1人につき1回、校名は1点、校歌の言葉・フレーズは3点まで応募できます。 ・学校名、校歌の言葉・フレーズどちらかだけでも応募できます。 ・学校名、校歌の言葉・フレーズは応募数の多かったものに決定するものではありません。 ・決定した校名、校歌の著作権は楢葉町に帰属し、著作人格権の行使はできません。 ・応募用紙の返却は行いません。 ・応募に要する費用は、応募者の負担となります。   〇その他 個人情報は学校名、校歌の言葉・フレーズを募集する目的以外で使用しません。   〇選定方法について 【校名】 応募された学校名の案の中から、教育委員会で選考を行います。   【校歌の言葉・フレーズ】 ・楢葉南小学校、楢葉北小学校の伝統と歴史を踏まえ、  子どもたちが母校とふるさとを誇れるような言葉・フレーズとしてください。 ・応募された言葉・フレーズの中から、教育委員会で選考を行い、  採用された言葉・フレーズを新しい校歌の歌詞にいれていきます。   ※作詞者・作曲者により一部修正となる場合があります。     その他詳細はコチラ     ———————————————————————————————————– ◇お問合せ先◇   楢葉町役場 教育総務課  住所:〒979-0696 福島県双葉郡楢葉町大字北田字鐘突堂5-6  電話:0240-23-5515   楢葉町教育委員会  住所:〒979-0604 福島県双葉郡楢葉町大字北田字鐘突堂5-4  FAX :0240-25-4703 メール:kyoiku-n@town.naraha.lg.jp   ———————————————————————————————————–              
相双ゆたどさ

相双神旗ディネード

相双“このひと” Fuku Farming Flowers【川内村】


相双“このひと”

 
川内村 Fuku Farming Flowers
福塚 裕美子さんインタビューです。

昨年九月に開業した川内村の花屋です。
双葉郡を中心に出張販売と予約販売を行っております。
フラワーアレンジメント、花束、スタンド花、ハーバリウム等を手掛けています。
出張レッスンも開催して、地域の皆様と一緒に楽しく活動しております。

 
相双“このひと” Fuku Farming Flowers

  
  〇 プロフィール
  Fuku Farming Flowers
  福塚 裕美子(ふくつか ゆみこ)
  住所:福島県双葉郡川内村
  連絡先:070-4436-5216
  メール:fuku.farming.flowers@gmail.com
 

 
Q1:相双地域の市町村へ来ることとなった「きっかけ」は、どのようなことでしたか。

以前働いていた花屋の同僚が川内村出身で、震災の時にボランティアに訪れたのがきっかけです。
その後、川内村の農業支援や田植えのイベントを行ったりしていました。
その後一度は離れ、自分の花屋を持つという夢の道に戻りました。
でも、離れてみて気付いたのは生きていきたい場所は川内村だということ。
2018年の7月に移住してきました。

 
Q2:現在お住まいの市町村へ、来てみていかがでしたか。

村の生活というのが初めてでしたが、豊かな自然に囲まれて暮らせることが一番の魅力に感じました。
自身が大阪出身で、これまで東京や名古屋に住み、ドイツ留学を経てきましたので、
いままで経験したことのない自然の魅力に触れながら生活できて幸せを感じます。
地域の方々も親切に迎えて頂けたので、すぐ馴染めました。
いまでは村の沢山の方々が、毎日声をかけてくれます。

 
Q3:現在お住まいの市町村の、おすすめスポットをご紹介ください。

五社山の自然と景色が好きです。私にとっては村全体が素敵なスポットです。
川や紅葉時期の自然風景がとても素敵です。

相双“このひと” Fuku Farming Flowers
 
Q4:移住・定住されるにあたって、ご利用になった支援制度等はありましたか。

特にありません。思いついてすぐ移住しました。

 
Q5:これから移住・定住を検討さている方へ、メッセージをお願いします。

とにかく川内村の仲間を増やしたいので、ぜひ私のところに来てください!

相双“このひと” Fuku Farming Flowers
 
Q6:取組のきっかけは、どのようなことでしたか。

もともといつか自分の花屋を持つことが夢でした。
震災後、村役場のお仕事をしたり、農業支援に関わり
たくさんのあたたかい川内村の人たちと出会いました。
生きていきたい場所が川内村になり、この地で夢を叶えることにしました。

 
Q7:力をいれていることは、どのようなことでしたか。

双葉郡に再開した花屋はまだなく、双葉郡内で花の利便性を提供しながら、
日常に花がある豊かさを感じてもらい、花の需要を作っていきます。
また、生産者の方々との連携にも力を入れようと思っています。

 
Q8:楽しみにしていることは、どんなことですか。

花屋のお仕事を通して、少しでも村の方々と触れ合うことができたり、
皆さんの笑顔が増えることが楽しみです。
また、川内村で例年開催され、自身も以前から関わっている“満月祭”も川内村生活の楽しみのひとつです。

相双“このひと” Fuku Farming Flowers
 
Q9:これからチャレンジしたいことは、どんなことですか。

交流人口増加のためのイベント開催や、
地域の植栽事業にもチャレンジしていきたいと思っています。
また、移住を検討している方のための
“川内村移住サポートガイドインフォメーション”の立ち上げも考えています。

相双“このひと” Fuku Farming Flowers

相双“このひと” Fuku Farming Flowers
 
 
 



関連記事はこちら

令和2年度南相馬市博物館企画展・特別展「相馬野馬追収蔵資料展」 2020年7月6日
今年、令和2年度の相馬野馬追は 新型コロナウィルス感染症拡大防止のため例年通りの開催を見送り 無観客、関係者のみでの実施...
ふくしまのえん側 浜通り・あぶくま 交流体験の旅 2019年9月19日
元気いっぱい!沿岸の地域と人 感動いっぱい!緑とふれあう旅 ふくしまのえん側 浜通り・あぶくま 交流体験の旅 モニターツ...
みんなの写真コンテスト2016 作品募集 2016年10月28日
今回、4回目となる「みんなの写真コンテスト」を開催いたします。 「相双地区のいま」をテーマに、「見たもの」「感じたこと」...
【楢葉町】めちゃめちゃよくばりキャンプ参加者募集 2017年7月25日
立命館大学(京都府)の学生が中心となり 一泊二日のキャンプを開催します。 学生達が夏休みの宿題を丁寧に教えてくれたり、楢...
相双“このひと”臨時災害放送局 南相馬ひばりエフエム 第1回 2017年2月6日
臨時災害放送局 南相馬ひばりエフエム 第1回       〇 プロフィール &...

facebookコメント

facebookページもチェック!