twiter facebook Youtube RSS

開催が近いイベント

7月
16
終日 (2022.7.16~2023.2.26)コードF‐... @ 福島県全域・22エリア
(2022.7.16~2023.2.26)コードF‐... @ 福島県全域・22エリア
7月 16 2022 – 2月 26 2023 終日
(2022.7.16~2023.2.26)コードF‐10 幸せを呼ぶラッキーアイテムを探せ! @ 福島県全域・22エリア
ふくしま&ラッキー コードF-10 幸せを呼ぶラッキーアイテムを探せ! 開催期間:2022年7月16日(土)~2023年2月26日(日) 開催エリア・開催場所:福島県全域、22エリア 参加費:無料 参加方法等、詳しくは [コードF‐10 幸せを呼ぶラッキーアイテムを探せ!|福島県全域、22エリアで出来るリアル宝探し-HUNTERS VILLAGE] URL:https://huntersvillage.jp/quest/fukushima10        
10月
15
終日 (2022.10.15~2023.1.31まで)【... @ 福島県相馬市内(地図は道の駅そうま)
(2022.10.15~2023.1.31まで)【... @ 福島県相馬市内(地図は道の駅そうま)
10月 15 2022 – 1月 31 2023 終日
(2022.10.15~2023.1.31まで)【相馬市】リアル宝探しイベント2022 ~そうまクエスト「ある偉人と不思議な書物」~ @ 福島県相馬市内(地図は道の駅そうま)
      福島県相馬市内を舞台に「リアル宝探しイベント2022」の一環で、 『そうまクエスト「ある偉人と不思議な書物」』を開催いたします!!   本イベントは、宝の地図に描かれた謎から手がかりを入手し、舞台となる福島県相馬市内のあちこちに隠された宝箱を見つけ出すイベントです。   宝箱を発見し、アンケートに回答すると素敵な商品が当たる抽選に応募できます!   宝の地図を手に入れて謎を解き、宝箱を見つけましょう!   ぜひ家族や友人を誘ってご参加ください!     〇開催期間 2022年10月15日(土)~2023年1月31日(火)   ※2022年12月29日(木)~2023年1月3日(火)を除く。   〇イベントエリア 福島県相馬市内   〇宝の地図の配布場所 道の駅そうま  住所:〒979-2522 福島県相馬市日下石金谷74-1(地図)   相馬復興市民市場「浜の駅松川浦」  住所:〒976-0022 福島県相馬市尾浜追川196(地図)   磯部水産加工施設直売所  住所:〒979-2501 福島県相馬市磯部大迎1126(地図)   尾浜こども公園  住所:〒976-0022 福島県相馬市尾浜北ノ入140(地図)   相馬市 千客万来館  住所:〒976-0042 福島県相馬市中村北町55-1(地図)   〇参加費 無料 〇参加方法 1.宝の地図(参加冊子)を入手! 宝の地図の配布場所(道の駅そうま、相馬復興市民市場「浜の駅松川浦」、磯部水産加工施設、尾浜こども公園、千客万来館のいずれか)で宝の地図(参加冊子)を入手しましょう。   2.宝の地図の「謎」を解く! 宝の地図にある謎を解くと、市内のどこかに隠されている4つの手がかりのありかが分かります。   3.宝箱を探す! 全ての手がかりを入手すると、宝箱のありかが分かります。   4.発見報告をしよう! 宝箱を発見したら、発見報告所(千客万来館)で「宝発見のキーワード」を報告しましょう!   ☆「宝発見のキーワード」が正しければクリア賞をゲットできます。 ※先着20,000人です。   ☆アンケートに回答すると豪華賞品が当たる抽選に応募できます。   ☆ハッシュタグ「#相馬市リアル宝探し」を付けて宝探しの様子をSNS(インスタグラム、ツイッターなど)に投稿するとオリジナルエコバックをプレゼント!発見報告所で投稿した画面をお見せください。 ※先着2,500人です。   〇抽選プレゼント 1等=相馬牛引換券10,000円分(5人) 2等=相馬産コシヒカリ10キログラム(10人) 3等=特産品またはブランド認証品詰め合わせ(50人) ※当選者の発表はプレゼントの発送をもって代えさせていただきます。 ※プレゼントの内容は変更となる場合があります。     その他詳細はコチラ↓ 相馬市観光情報サイト oregaそうま -『そうまクエスト「ある偉人と不思議な書物」を開催します』 URL:https://www.city.soma.fukushima.jp/kankosite/kanko/shinaikankojoho/12739.html     ————————————————————————————————   ◇お問合せ先 相馬市 千客万来館  住所:〒976-0042 福島県相馬市中村北町55-1(地図)  電話:0244-26-4848   ◇主催 相馬市 商工観光課   ◇協力 相馬市観光協会   ◇企画・制作 株式会社タカラッシュ   ————————————————————————————————              
10月
20
終日 (2022.10.20~2023.2.26)コードF... @ 福島県全域(22エリア+鉄道コース3コース)
(2022.10.20~2023.2.26)コードF... @ 福島県全域(22エリア+鉄道コース3コース)
10月 20 2022 – 2月 26 2023 終日
(2022.10.20~2023.2.26)コードF Flowers @ 福島県全域(22エリア+鉄道コース3コース)
ふくしま&ラッキー コードF Flowers 開催期間:2022年10月20日(木)~2023年2月26日(日) 冬季は積雪状況に応じ、LINEを活用したバーチャル探索のみ可能となるエリア有り 開催エリア・開催場所:福島県全域(22エリア+鉄道コース3コース) 参加費:無料 参加方法等、詳しくは [コードF‐Flowers 幸せをもたらすラッキーといやしの花 – HUNTERS VILLAGE] URL:https://huntersvillage.jp/quest/fukushima_flowers 【主催・問合せ先】福島県観光交流課 TEL:024-521-7398 (土日休日を除く8:30~17:15まで)        
12月
9
16:00 (2022.12.9~2023.1.31)【双葉町... @ JR双葉駅東口広場
(2022.12.9~2023.1.31)【双葉町... @ JR双葉駅東口広場
12月 9 2022 @ 16:00 – 1月 31 2023 @ 22:00
(2022.12.9~2023.1.31)【双葉町】ふたば ふたたび みらいへのひかりプロジェクト2022 @ JR双葉駅東口広場
ふたば ふたたび みらいへのひかりプロジェクト2022       ミライにつながるヒカリをともす   震災から10年の時を経て、昨年ふたたび復活したイルミネーション   今年もふたばの街を温かいヒカリで彩ります   この期間限定の双葉町の景色をお楽しみください   イルミネーション点灯式 2022年12月9日(金)16:00~ 会 場:JR双葉駅東口広場     住所:福島県双葉郡双葉町大字長塚字町西 (地図はこちらから) 点灯期間:2022年12月9日(金)~2023年1月31日(火) 点灯時間:16:00~22:00 主催(お問い合わせ先) 一般社団法人ふたばプロジェクト URL:https://futaba-pj.or.jp/        
12月
17
終日 (2022.12.17~2023.2.12)道の駅... @ 道の駅なみえ
(2022.12.17~2023.2.12)道の駅... @ 道の駅なみえ
12月 17 2022 – 2月 12 2023 終日
(2022.12.17~2023.2.12)道の駅なみえ「ラッキーマルシェ with ポケモンローカルActs」 @ 道の駅なみえ
ふくしま&ラッキー ラッキーマルシェ with ポケモンローカルActs 2022年12月17日(土)~2023年2月12日(日) 道の駅なみえ 住所:福島県双葉郡浪江町幾世橋知命寺60 (地図はこちらから) 詳しくは、[ラッキーマルシェ width ポケモンローカルActs] URL:https://lucky-marche.com/ 主催:福島県観光交流課        
1月
3
10:00 (2023.1.3~5.31まで)和田観光苺... @ 和田観光苺組合
(2023.1.3~5.31まで)和田観光苺... @ 和田観光苺組合
1月 3 @ 10:00 – 5月 31 @ 16:00
(2023.1.3~5.31まで)和田観光苺組合いちご狩り2023 @ 和田観光苺組合
      松川浦そばにあるイチゴ農園「和田観光苺組合」では、今年もいちご狩りを開催いたします。   また、併設のバーベキューコーナーもご利用可能です。    皆様のお越しをお待ちしております。     ≪いちご狩りについて≫ 大粒の苺が30分食べ放題!練乳もかけ放題で毎年大人気のいちご狩りは2023年1月15日~5月末まで。   全部で6種類の品種があり、時期や生産者によっても味の違いが楽しめますよ。より甘みが強い1月~2月がおすすめ!   ※プレオープン期間(1/3~14)は事前予約のみ受付   〇OPEN日程 2023年1月15日(日)~5月31日(水) ※プレオープン:1/3~   〇場所 和田観光苺組合  住所:〒976-0023 福島県相馬市和田下柴迫94 (地図)   〇営業時間 10:00~16:00   〇入園料(小学生未満は半額)団体割引25名様以上 2023年 1/3(火)~1/14(土) ……1,800円 ※プレオープン期間のため要予約 1/15(日)~4/2(日) ……1,700円 4/3(月)~5/7(日)  ……1,400円 5/8(月)~5/31(水) ……1,000円   ※30分食べ放題となります。   〇事前予約 2023年1月3日(火)~     その他詳細はコチラ↓ 和田観光苺組合HP URL:http://blog.wadakanko-ichigo.jp/     ——————————————————————————   和田観光苺組合  住所:〒976-0023 福島県相馬市和田下柴迫94 (地図はこちらから)  電話:0244-36-5535  URL:http://blog.wadakanko-ichigo.jp/   ——————————————————————————              
1月
5
08:30 (2023.01.05~01.29まで)【富岡... @ 富岡町文化交流センター「学びの森」
(2023.01.05~01.29まで)【富岡... @ 富岡町文化交流センター「学びの森」
1月 5 @ 08:30 – 1月 29 @ 18:00
(2023.01.05~01.29まで)【富岡町】学びの森 古本市 @ 富岡町文化交流センター「学びの森」
      富岡町図書館にて、古本市を開催中です。   除籍された図書・雑誌、および富岡町小中学校三春校閉校時に引き上げた児童書を差し上げます。 ご自由にお持ち帰りください。   ※無くなり次第終了となります。予めご了承ください。 ※持ち帰り用の袋等をご持参ください。     〇開催期間 2023年1月5日(木)~2023年1月29日(日)8:30~18:00 ※月曜日、学びの森休館日を除く   〇会場 文化交流センター「学びの森」 正面玄関右側通路  住所:〒979-1151 福島県双葉郡富岡町本岡王塚622-1(地図)   〇費用 無料     その他詳細はコチラ↓ 富岡町文化交流センター「学びの森」-『古本市を開催中です』 URL:http://www.manamori.jp/posts/news60.html     ——————————————————————————————–   ◇主催・お問合せ先 富岡町図書館  住所:〒979-1151 福島県双葉郡富岡町本岡王塚622-1(地図)  WEB:http://www.manamori.jp/index.html  電話:0240-21-3665  (受付時間:午前10時~午後6時まで)※休館日を除く   ——————————————————————————————–              
1月
21
09:00 (2023.01.21~2023.03.12まで)【... @ 南相馬市博物館
(2023.01.21~2023.03.12まで)【... @ 南相馬市博物館
1月 21 @ 09:00 – 3月 12 @ 16:45
(2023.01.21~2023.03.12まで)【南相馬市】令和4年度企画展「倉科光子植物画展 ツナミプランツ ―津波浸水域の植物たち―」 @ 南相馬市博物館
      南相馬市博物館では、企画展『令和4年度企画展「倉科光子植物画展 ツナミプランツ ―津波浸水域の植物たち―」』を開催いたします。   2011年3月11日に発生した東日本大震災の津波は、私たちの生活だけでなく、自然界にも大きな変化をもたらしました。 発災直後から、それまで津波の浸水域ではみられなかった植物が、土壌の変化に順応して地中深くから目覚め、あちこちで芽吹き始めたのです。   しかし、復興工事が進んだ現在、日々変わりゆく景観のために、目覚めた植物は再び眠りについています。   このように、津波をはじめ、繰り返される自然災害にたくみに適合し、生き残ってきた植物がいます。それは、遥かむかしから津波と植物たちによって続けられてきたある種の営みといえるでしょう。   東京都在住のアーティスト・倉科光子氏は、南相馬市をはじめ、震災後の東北地方沿岸域に通い、丹念な取材を重ねました。そして、津波浸水域に繁茂した植物たちを「ツナミプランツ」と名付け、描き続けてきました。   画家の目と手を通して描かれたツナミプランツから、植物が持つ生命と時間の流れを感じていただければ幸いです。      皆さんのご来館をお待ちしております。     〇開催期間 2023年1月21日(土)~3月12日(日)   〇時間 9:00~16:45(最終入館は16:00まで)   〇会場 南相馬市博物館  住所:〒975-0051 福島県南相馬市原町区牛来出口194(地図)   〇観覧料 一般:   400円(350円) 高校生:  200円(150円) 小・中学生:100円(80円)   ※観覧料には常設展観覧料を含みます。 ※( )は20人以上の団体料金。その他、料金についての詳細は観覧案内をご覧ください。     その他詳細はコチラ↓ 南相馬市博物館 -『令和4年度企画展「倉科光子植物画展 ツナミプランツ ―津波浸水域の植物たち―」』 URL:https://www.city.minamisoma.lg.jp/portal/culture/museum/tenji/kikakuten_tokubetsuten/r4/20435.html     ————————————————————————————————   ◇主催・お問合せ先 南相馬市博物館  住所:〒975-0051 福島県南相馬市原町区牛来出口194(地図)  電話:0244-23-6421  WEB:https://www.city.minamisoma.lg.jp/portal/culture/museum/index.html  休館日:毎週月曜日   ————————————————————————————————                
1月
28
終日 (2022.12~2023.1)【南相馬市】... @ 南相馬市民情報交流センター・他(下記本文をご覧ください)
(2022.12~2023.1)【南相馬市】... @ 南相馬市民情報交流センター・他(下記本文をご覧ください)
1月 28 終日
(2022.12~2023.1)【南相馬市】アートで広げるみんなの元気プロジェクト2022 @ 南相馬市民情報交流センター・他(下記本文をご覧ください)
アートによる新生ふくしま交流事業 アートで広げる みんなの元気プロジェクト2022 参加者募集!(要申込) ※開催日時と申込方法は下記をご覧ください。 program1 マイ・ストーリー絵本 ~ぼくのこころのかさこそおばけ~ 講師:小原 風子 各回定員20名 ※全2回で1つの作品を制作します。 12月17日(土)  9:00~12:00 12月18日(日) 13:00~16:00 ちゅうりっぷ文庫(福島県南相馬市原町区青葉町3-66)  1月 7日(土)  9:30~12:30  1月 8日(日)  9:30~12:30 南相馬市民情報交流センター(福島県南相馬市原町区旭町2丁目7-1) program2 絹地を染めてみよう! ~思い出の○○のイメージ~ 講師:春野 修二 定員20名 ※全3回で1つの作品を制作します。 12月18日(日) 13:00~17:00  1月 7日(土) 13:00~17:00  1月 8日(日)  9:30~12:30 しらゆりコミュニティホール(福島県南相馬市原町区大町1丁目133番地) program3 hal-fuのかさこそおばけ凧 講師:春風(hal-fu) 定員20名 12月17日(土) 13:00~16:00 ちゅうりっぷ文庫(福島県南相馬市原町区青葉町3-66) program4 まちのポストカード・セット2022をつくろう 講師:中村 ころもち 各回定員20名  1月14日(土) 13:00~16:00  1月15日(日)  9:30~12:30 南相馬市民情報交流センター(福島県南相馬市原町区旭町2丁目7-1)  1月28日(土) 13:00~16:00  1月29日(日)  9:00~12:00 小高区復興拠点施設「小高交流センター」(福島県南相馬市小高区本町二丁目28番地) [お申し込み方法] 参加希望プログラムおよび開催日をお選びいただき、参加希望欄に○をつけてください。 複数のプログラムに申し込み頂いても構いません。また、同じプログラムを複数回参加して頂いても構いません。 氏名、住所などの必要事項をご記入の上、事務局まで郵送またはFAXでお申込ください。 電話やメールでもお申し込みできます。プログラム名、参加希望日、参加人数、氏名、連絡先等の必要事項をおお知らせください。 なお、定員になり次第、締め切りますのでご了承ください。       ---お申し込み・お問合せ先--- 認定非営利活動法人ドリームサポート福島 〒960-8054 福島県福島市三河北町2-8 Coco Mezon1階B室(株式会社 JUST DO IT内) TEL:024-563-1955 FAX:024-563-1955 MAIL:info@f-jdi.com 主催:福島県 アートによる新生ふくしま交流事業 アートで広げるみんなの元気プロジェクト・子どもの未来プロジェクト        
10:30 ※要申込【川内村】2023あぶロマツ... @ いわなの郷 体験交流館(メイン会場)またはJR郡山駅西口バスターミナル ※地図はいわなの郷
※要申込【川内村】2023あぶロマツ... @ いわなの郷 体験交流館(メイン会場)またはJR郡山駅西口バスターミナル ※地図はいわなの郷
1月 28 @ 10:30 – 1月 29 @ 15:30
※要申込【川内村】2023あぶロマツアー!冬! @ いわなの郷 体験交流館(メイン会場)またはJR郡山駅西口バスターミナル ※地図はいわなの郷
      あぶくまロマンチック街道では、「2023あぶロマツアー!冬!」と題し、 福島県双葉郡川内村の「いわなの郷」をメイン会場に、初チャレンジの陶芸、手作り郷土料理、恒例の寺薗先生天文講座と星空観測、そして、そば打ちにも挑戦するツアーを開催いたします。   きりっと冷えた早朝の里山散策も予定しております。   川内村での2日間、冬の自然をぜひお楽しみください。   皆様のご参加をお待ちしております。     〇日時 2023年1月28日(土)~29日(日)※1泊2日   〇集合場所 ※①②いずれか ①いわなの郷 体験交流館(メイン会場)  住所:〒979-1201 福島県双葉郡川内村上川内炭焼場516(地図)   ②JR郡山駅西口バスターミナル(無料送迎バス利用者対象)  住所:〒963-8002 福島県郡山市駅前2丁目4 郡山駅前(地図)   〇タイムスケジュール <2023年1月28日(土)> 10:30 JR郡山駅西口バスターミナル 送迎バスお迎え 12:00 いわなの郷体験交流館 到着、集合 昼食、ミーティング 14:00 陶芸教室(バス移動) 18:00 夕食 19:00 星空観測   <2023年1月29日(日)> 07:00 里山散策 08:00 朝食、チェックアウト 09:30 天文講座 11:00 そば打ち体験 12:00 昼食、さよならミーティング 13:30 解散、郡山駅行き送迎バス出発 ※あれこれ市場経由 15:30 JR郡山駅到着(予定)   〇ご宿泊 いわなの郷コテージ ※相部屋となります。   〇参加料 6,000円(宿泊費込・税込)※ツアー当日受付にてお支払い下さい。   〇お申込方法 チラシ裏面の参加申込書にご記入の上、FAXにてお申込み下さい。   〇お申込締め切り 2023年1月7日(土)まで   〇定員 15名(お申込多数の場合は、〆切後に抽選にて受付いたします)   ※新型コロナウイルス感染対策として、検温・アルコール消毒を行い、三密を避けたプログラムといたします。状況により中止となる場合は、電話にてご連絡さしあげます。     ————————————————————————————-   ◇主催 株式会社サンプラザ観光  電話:0247-73-8097  電話(担当):0247-73-8098  営業時間:10時~17時   ◇協力 あぶくまロマンチック街道構想推進協議会、福島県、飯舘村、浪江町、葛尾村、田村市、川内村   ————————————————————————————-                
相双ゆたどさ

相双神旗ディネード

相双“このひと”「ARTS for HOPE」第1回


相双“このひと”

「「アート」にできる支援を再認識」
ARTS for HOPE
第1回

“相双この人”ARTS for HOPE

 
  〇 プロフィール
  ARTS for HOPE(アーツ・フォー・ホープ)
  連絡先住所:福島県南相馬市原町区錦町1-125
  ふくしまインドアパーク南相馬内
  連絡先電話番号:080-5740-1771
  メールアドレス:“相双この人”ARTS for HOPE

ARTS for HOPE(アーツ・フォー・ホープ)は東北の復興を「アート」で応援しているNPOです。
福島、宮城、岩手の沿岸地域を中心に、子どもの施設や仮設住宅を巡回し
創作活動を通じた心穏やかな時間と空間をお届けしています。
2011年3月の設立以来、多くの皆さまにご支援いただきながら
これまで280回を超えるアートプログラムを各地で行い
毎月遠征するキャラバンの走行距離は地球1.3周分になりました。
東京で始動した団体ですが、現在は南相馬、仙台、大船渡の現地スタッフも活動しています。

 

Q1. 取組のきっかけは、どのようなことでしたか。

ARTS for HOPEの運営母体は1999年設立の
「ワンダーアートプロダクション」というアートNPOです。
美術館や博物館の展覧会企画のほか
国内外のアーティストをナビゲーターに迎えた子どもの情操教育プログラムの実施
医療施設の環境改善や患者さんや障がいを持つ方の心のケアを目的としたホスピタルアートなど
社会に向けた活動を長年に亘り続けてきました。
東日本大震災当時は気仙沼の美術館で開催する展覧会の準備中だったため
物資を積んで直後に被災地に入りました。
私たちに何ができるのか、自問を繰り返しながら延々と続く瓦礫地帯をひた走りましたが
避難所の片隅で子どもたちと絵を描き、高齢者の方とものづくりの過程で
彼らの目に光が蘇る瞬間に立ち会い、「アート」にできる支援を再認識しました。
すぐさま美術・医療・教育関係者に協力を呼びかけ
被災地の心に寄り添う活動を行っていこうと、震災支援のセクションを立ち上げました。
中でも南相馬にはご縁をいただき、毎月のように訪れる中で
たくさんの協力者と現地スタッフに恵まれ
2012年10月に念願の南相馬支局を設置することになりました。
(画像はすべてARTS for HOPEよりご提供いただきました)

 

“相双このひと”一覧ページを表示 前のページを表示 相双この人”ARTS for HOPE 第1回 相双この人”ARTS for HOPE 相双この人”ARTS for HOPE 第3回 相双この人”ARTS for HOPE 第2回



関連記事はこちら