twiter facebook Youtube RSS
SOSO Kids!

開催が近いイベント

10月
18
9:00 AM 平成29年度南相馬市博物館特別展「... 南相馬市博物館
平成29年度南相馬市博物館特別展「... 南相馬市博物館
10月 18 @ 9:00 AM – 4:45 PM
平成29年度南相馬市博物館特別展「被災地の海を生きる ―わたしたちの海 未来につなげる蒼い海―」 @ 南相馬市博物館 | 南相馬市 | 福島県 | 日本
平成29年度 南相馬市博物館 特別展 「被災地の海を生きる ―わたしたちの海 未来につなげる蒼い海―」 平成29年9月2日(土)~10月22日(日) 9:00~16:45(最終入館16:00まで) 観覧料 一 般 300円(250円) 高校生 200円(150円) 小中学生100円(80円) ※()内は20名以上の団体割引料金 ※南相馬市内と飯舘村に居住・通学・住所を有する小中高生は無料 ※障がい者の方とその付添いの方1名及び生活保護世帯の方は無料(各種手帳、受給証の提示が必要) ※9月18日(月・祝)はは敬老の日を記念して観覧無料 休館日 毎週月曜日 ただし 9月18日(月・祝)、10月9日(月)は開館 9月19日(火)、10月10日(日)は閉館となります 震災と原発事故から6年が過ぎました。 私たちの住む南相馬市や相双地域の海は、今、どうなっているのでしょうか。 今回の展示では、海の様子や生き物を展示するとともに、 海の恵みとともに育まれてきたお祭りや郷土料理、 漁師さんの生活についてご紹介します。 展示を通して、「これからの海と人」の関わり、 「海を通した南相馬の未来」について考えてみませんか。 (南相馬市博物館webサイトより)
11:00 AM 37cafe@parkかぼちゃ重... 37cafe@park
37cafe@parkかぼちゃ重... 37cafe@park
10月 18 @ 11:00 AM – 4:00 PM
37cafe@parkかぼちゃ重さ当て @ 37cafe@park | 南相馬市 | 福島県 | 日本
10月中に37cafe@parkにある、でっかいかぼちゃの重さを 投票用紙に書いて、37cafe@parkの商品券をあてちゃおう! かぼちゃの重さがいちばん近かった人に 37cafe@parkの商品券5,000円をプレゼント! (※1,000円券5枚、お釣りは出ません)
6:00 PM ベテランママの会『ふるさと再発見... 情報交流センター 1階会議室
ベテランママの会『ふるさと再発見... 情報交流センター 1階会議室
10月 18 @ 6:00 PM – 7:30 PM
ベテランママの会『ふるさと再発見の旅』第1弾 @ 情報交流センター 1階会議室 | 南相馬市 | 福島県 | 日本
ベテランママの会より 5回シリーズ第1弾 『ふるさと再発見の旅』 ~先人たちの知恵を知って生きる力を育む講座~ 第1弾 「知っておいたほうがいい地域のこと」相馬地方ってなに? 講師:二上 文彦 氏 (南相馬市博物館学芸員) 日 時:2017年10月18日(日) 18:00~19:30 場 所:情報交流センター 1階 会議室(原ノ町駅前図書館となり) 参加費:資料代500円 参加申込:ベテランママの会      TEL:0244-23-3918      mail:beteranmama0808@gmail.com 【今回の学びのポイント】 私たちの先祖は、八百年前の大津波や、二百年前の大飢饉を乗り越えて 今の地域を守っていらっしゃいました。 そのDNAを受け継いだ我々が、この震災を乗り越えられないはずがありません。 それを学び直すための勉強会です。 全行程五回コース。 第2回12/6(水)、第3回1/17(水)、第4回3/14(水)、第5回4/14(土) (最終回はブラ原町&振り返り反省会) どうぞお楽しみに!
10月
19
9:00 AM 平成29年度南相馬市博物館特別展「... 南相馬市博物館
平成29年度南相馬市博物館特別展「... 南相馬市博物館
10月 19 @ 9:00 AM – 4:45 PM
平成29年度南相馬市博物館特別展「被災地の海を生きる ―わたしたちの海 未来につなげる蒼い海―」 @ 南相馬市博物館 | 南相馬市 | 福島県 | 日本
平成29年度 南相馬市博物館 特別展 「被災地の海を生きる ―わたしたちの海 未来につなげる蒼い海―」 平成29年9月2日(土)~10月22日(日) 9:00~16:45(最終入館16:00まで) 観覧料 一 般 300円(250円) 高校生 200円(150円) 小中学生100円(80円) ※()内は20名以上の団体割引料金 ※南相馬市内と飯舘村に居住・通学・住所を有する小中高生は無料 ※障がい者の方とその付添いの方1名及び生活保護世帯の方は無料(各種手帳、受給証の提示が必要) ※9月18日(月・祝)はは敬老の日を記念して観覧無料 休館日 毎週月曜日 ただし 9月18日(月・祝)、10月9日(月)は開館 9月19日(火)、10月10日(日)は閉館となります 震災と原発事故から6年が過ぎました。 私たちの住む南相馬市や相双地域の海は、今、どうなっているのでしょうか。 今回の展示では、海の様子や生き物を展示するとともに、 海の恵みとともに育まれてきたお祭りや郷土料理、 漁師さんの生活についてご紹介します。 展示を通して、「これからの海と人」の関わり、 「海を通した南相馬の未来」について考えてみませんか。 (南相馬市博物館webサイトより)
11:00 AM 37cafe@parkかぼちゃ重... 37cafe@park
37cafe@parkかぼちゃ重... 37cafe@park
10月 19 @ 11:00 AM – 4:00 PM
37cafe@parkかぼちゃ重さ当て @ 37cafe@park | 南相馬市 | 福島県 | 日本
10月中に37cafe@parkにある、でっかいかぼちゃの重さを 投票用紙に書いて、37cafe@parkの商品券をあてちゃおう! かぼちゃの重さがいちばん近かった人に 37cafe@parkの商品券5,000円をプレゼント! (※1,000円券5枚、お釣りは出ません)
相双おとりよせ 相双ゆたどさ

相双神旗ディネード

相双“このひと”南相馬ソーラー・アグリパーク職員インタビュー④


相双“このひと”

南相馬ソーラー・アグリパーク職員インタビュー
相双“このひと”南相馬ソーラー・アグリパーク職員 title=
  
  
  〇 プロフィール
  氏名:杉中 貴(すぎなか たかし)

(上記画像、中央の職員の方です)
 
職員となったきっかけをお聞かせ下さい。

私は、あずさ監査法人の大阪事務所で、会計士として企業の決算書をチェックする会計監査や
経営が苦しくなった企業と金融機関との橋渡しをする事業再生支援などのコンサルティングの仕事をしていました。
福島の復興のために何かできないかと考えていた2014年の冬に
南相馬ソーラー・アグリパークの活動を知りました。
その時に、「長い年月がかかる福島の復興のリーダーを育成する」という事業の目的に感動し
私も南相馬で一緒に頑張りたいと強く思いました。
そして、ありがたいことに周りの方たちの理解も得られ
出向というかたちで2015年7月からパークで働き始めました。

 

担当業務の内容や、意気込みなどをお聞かせください。

地元の小中学生が総合学習の一環で南相馬ソーラー・アグリパークにやって来た時に
体験学習のリード役を他のスタッフと一緒にしています。
また、南相馬を飛び出して福島空港メガソーラーや布引高原風力発電所でも体験学習を行っています。
このように、再エネ体験学習プログラムを、パーク以外の再エネ発電所へ拡大しようと活動しています。
そのために、毎週のように県内各地の再エネ発電所を訪問しています。

 

担当業務の中でこれまで一番印象に残っていることなどをお聞かせください。

私は生まれてから30年以上関西に住んでいました。
体験学習を行っていると、子どもたちは関西弁を面白がってくれます。
「関西なまり」と言ったり「どこの村のなまりですか?」と聞いてくれる子どもたちがいます。
(関西人は、関西弁を「なまり」と言われることに慣れていません)
私たちは、体験学習を通じて「考える」「発表する」「行動する」ことを大切にしています。
関西弁の話は、子どもたちが体験学習の中で考えたことを素直に発表してくれた証拠で、とても嬉しいことです。

 

あなたの今後の目標についてお聞かせください。

南相馬ソーラー・アグリパークのような体験学習ができる再エネ発電所を増やし
来年には一日のなかでいくつかの再エネ発電所を回る、再エネ体験ツアーをやりたいと思っています。
そのために、協力してもらえる再エネ発電所をできるだけ増やします。
また、見学やツアー・研修で、市外からも多くの方々がパークを訪れます。
その方々が次もパークを訪問したい、また南相馬を訪問したいと思ってもらえるよう
自分自身の感性や考え、言葉づかい、振る舞いを磨いていきます。

 

最後にひとこと

子どもたちは、体験学習を行うと、自分で考え発表し行動するなかで自分に自信を持つようになります。
同時に、再エネの体験学習は、地域のことを考える機会になります。
体験学習が、子どもたちが成長する、また、地域に誇り・愛着を持つきっかけになることを願っています。
パークを訪れる人のために少しでも役に立てるよう、日々、全力でやっていきます。



関連記事はこちら

関連記事はありません

facebookコメント

facebookページもチェック!