twiter facebook Youtube RSS
SOSO Kids!

開催が近いイベント

相双おとりよせ 相双ゆたどさ

相双神旗ディネード

『守り抜いた医の灯 公立相馬総合病院の奇跡』単行本


amazon.co.jp「守り抜いた医の灯 公立相馬総合病院の奇跡 単行本 – 2017/6/30 福永久典(著)」より

内容紹介

「緑豊かな美しい景観を誇る福島県相双地域の片隅に小さな病院がある。その病院は地震、津波、そして原発事故という未曽有の危機を目前にしても、医の営みを守り抜き、住民の希望を絶やさなかった」 (本文より) 公立相馬総合病院初めての研修医が、被災地医療の最前線で体験した日々をつづりました。押し寄せる患者、古里に帰還できずに看取った飯舘村出身のお年寄り、寄り添おうとする医師、看護師たちの奮闘を描いています。相双地域のアキレス腱である精神科治療・心のケア、低線量放射線被ばくに関わる「100ミリシーベルト問題」にも鋭く切り込みました。気鋭の若手医師が病院内から提起する注目の一冊。

著者について

横浜市立大学医学部医学科卒業。2011年の東日本大震災後、相馬市の公立相馬総合病院に「はじめての研修医」として着任。 東北大学加齢医学研究所を経て、2016年から英国クイーンズ大学ベルファストがん細胞生物学研究センターで放射線医科学研究をおこなっている。
amazon.co.jp「守り抜いた医の灯 公立相馬総合病院の奇跡 単行本 – 2017/6/30 福永久典(著)」より

「週間 医学界新聞」第3215号 2017年3月13日
URL:http://www.igaku-shoin.co.jp/paperDetail.do?id=PA03215_02
被災地・福島での研修が教えてくれたもの
“医の営みは患者と共に始まり,患者と共に続き,そして患者と共に終わる”
福永 久典(クイーンズ大学ベルファストがん細胞生物学研究センター)
「週間 医学界新聞」第3215号 2017年3月13日

『守り抜いた医の灯 公立相馬総合病院の奇跡』単行本



関連記事はこちら

相馬野馬追の前売り券が販売開始! 2015年6月11日
相馬野馬追の前売り券が、6月1日(月)より、販売開始となりました。 前売り券は、相馬野馬追執行委員会窓口または 全国のセ...
相双・地産地消で“野菜が主役!メインのおかず”料理コンテスト 作品募集 2017年9月4日
相双・地産地消で“野菜が主役!メインのおかず”料理コンテスト 地元の野菜を使った家庭で手軽にできる”野菜が主役!メインの...
東日本大震災で犠牲となられた方々のご冥福をお祈りさせていただきます 2016年3月11日
[福島県]平成27年度 3月11日ふくしま追悼復興祈念行事 http://www.pref.fukushima.lg.j...
相双“このひと”「浪江焼麺太国」第3回 2013年10月25日
「全国に仲間をつくる活動に」 浪江焼麺太国 第3回     Q4. これからチャレンジし...
第23回ゆずの里ロードレース大会 参加者募集! 2017年10月19日
『ゆずの里ロードレース大会』が、7年ぶりに復活です! 以前から、起伏があり「走り応えのあるコース」として人気だった 10...

facebookコメント

facebookページもチェック!