twiter facebook Youtube RSS
SOSO Kids!

開催が近いイベント

11月
24
6:30 PM [川内村]もりたろうプール 週替... 川内村室内型村民プール(もりたろうプール)
[川内村]もりたろうプール 週替... 川内村室内型村民プール(もりたろうプール)
11月 24 @ 6:30 PM – 7:20 PM
[川内村]もりたろうプール 週替わり四泳法 @ 川内村室内型村民プール(もりたろうプール) | 川内村 | 福島県 | 日本
もりたろうプール 2017年11、12月 教室開催日のご案内 週替わり四泳法 日程:毎週金曜日    第1金曜日…クロール    第2金曜日…背泳ぎ    第3金曜日…平泳ぎ    第4金曜日…バタフライ 時間:18:30~19:20 定員:10名 対象:成人の方 受講料:一般 500円     60歳以上 300円 クロールだけでなく、他の泳ぎも習いたい方、週ごとに四種目の練習を行う教室です。 申込方法 教室当日は券売機で教室参加券を購入し、券の裏に氏名を記入し、受付に参加券をお出し下さい。 ※ 定員になり次第締切とさせていただきます。 川内村室内型村民プール(もりたろうプール) 福島県双葉郡川内村大字下川内字宮渡18-1番地 地図はこちらから TEL:0240-23-5861 URL:http://www.fep0294.co.jp/kawauchi/
11月
25
9:30 AM ヨガ教室 飯舘村交流センター「ふれ愛館」ホール
ヨガ教室 飯舘村交流センター「ふれ愛館」ホール
11月 25 @ 9:30 AM – 11:30 AM
ヨガ教室 @ 飯舘村交流センター「ふれ愛館」ホール | 飯舘村 | 福島県 | 日本
10:00 AM ふるさとの祭り2017in浪江 浪江町地域スポーツセンター駐車場
ふるさとの祭り2017in浪江 浪江町地域スポーツセンター駐車場
11月 25 @ 10:00 AM – 11月 26 @ 3:00 PM
ふるさとの祭り2017in浪江 @ 浪江町地域スポーツセンター駐車場 | 浪江町 | 福島県 | 日本
時代を超え、震災を乗り越え、福島の人と地域をつないできた民俗芸能を、二日間で20団体が浪江の地で熱演。 担い手不足や、震災・津波・原発事故の影響により継承が危ぶまれながらも 地域の絆でつなぎ続けた貴重な民俗芸能が披露される「ふるさとの祭りステージ」をはじめ 「民俗芸能の体験コーナー」や「伝統工芸の創作・販売コーナー」など ふるさとの良さを存分に体感できる祭りです。 待望の7年ぶりに町内で実施される「復興なみえ町十日市祭」も同時開催!! 内 容 ・ふるさとの祭りステージ  担い手不足や、震災・津波・原発事故の影響により継承が危ぶまれながらも、地域の絆で繋ぎ続けた浜通り地区の団体を中心とした福島県内各地の民俗芸能を二日間で約20団体が披露します。 ・民俗芸能の体験コーナー  出演団体の貴重な道具を触ったり、見たり、一緒に踊ったり、体感できるコーナー。 ・伝統工芸の創作・販売コーナー  福島県の伝統的な工芸品を作って、体験できるコーナー。 同時開催 『復興なみえ町十日市祭』 ~つなごう つなげよう 浪江~ 浪江町の十日市は、明治6年に浪江神社の祭日として「市」を立てたことに始まる歴史の長い伝統的な祭りです。震災後の平成23年度からは二本松市内で「復興なみえ町十日市祭」として開催されていましたが、今回、震災後初めて浪江町内での開催となります。詳細は、浪江町商工会(電話0243-22-9100)まで。
10:00 AM 復興なみえ町 十日市祭 浪江地域スポーツセンター
復興なみえ町 十日市祭 浪江地域スポーツセンター
11月 25 @ 10:00 AM – 11月 26 @ 4:30 PM
復興なみえ町 十日市祭 @ 浪江地域スポーツセンター | 浪江町 | 福島県 | 日本
相双おとりよせ 相双ゆたどさ

相双神旗ディネード

[6/18(日)まで開催]南相馬市博物館特別展“博物館収蔵資料展2017”


南相馬市博物館は、平成7年の開館から22年目を迎えます。
これまで南相馬市及び周辺地域の自然・考古・歴史・民俗
そして野馬追に関わる資料を収集し、約3万9千点となりました。
今回、市民の皆さんからご寄贈いただいた資料をはじめ
これまで紹介する機会が少なかった自然・歴史・民俗・野馬追・美術に関する資料を紹介します。
(南相馬市博物館 特別展「博物館収蔵資料展2017」紹介ページより)
[6/18(日)まで開催]南相馬市博物館特別展“博物館収蔵資料展2017” [6/18(日)まで開催]南相馬市博物館特別展“博物館収蔵資料展2017”

今回の南相馬市博物館特別展“博物館収蔵資料展2017”、展示室へ入ってすぐ
まずは、開催にあたって、「博物館てどんなことしているの?」
資料の収蔵・保存、学芸員のしごと、みんなで育てる博物館。と
博物館のしごとについてパネルで紹介しています。

(南相馬市博物館より許可をいただいて撮影しています)
[6/18(日)まで開催]南相馬市博物館特別展“博物館収蔵資料展2017”

[6/18(日)まで開催]南相馬市博物館特別展“博物館収蔵資料展2017” [6/18(日)まで開催]南相馬市博物館特別展“博物館収蔵資料展2017” [6/18(日)まで開催]南相馬市博物館特別展“博物館収蔵資料展2017”

知る人は知っている、南相馬市、浜通りは化石の宝庫。
続く展示は、南相馬市で発見された化石、南相馬市の自然環境、植物標本。
[6/18(日)まで開催]南相馬市博物館特別展“博物館収蔵資料展2017” [6/18(日)まで開催]南相馬市博物館特別展“博物館収蔵資料展2017”

[6/18(日)まで開催]南相馬市博物館特別展“博物館収蔵資料展2017”

縄文時代晩期(約3,000年前)に、当時の人々が使っていた「網カゴ」。
桜井古墳に埋葬されていた、埋葬されてから1,500年が経過している古墳時代の南相馬市内で最古の馬具。
外天公、相馬義胤公の安土桃山時代の書状。
江戸時代の白羅紗地陣羽織。
上級武士が合戦に用いた江戸時代の馬の防具、馬面。
禁門の変後に朝廷から幕府側主要各藩へ贈られた褒賞の漆塗り蒔絵の鞍。
日露戦争に出征した方が中国人から譲り受け、妻へのみやげにと大切に持ち帰った中国清朝時代の官服、山丹服。
相馬地方出身の彫刻家佐藤玄々作、大正年代の、二宮尊徳高弟富田高慶木造。
戦時中、陸軍飛行場の隊員と地域の人々の交流を伝える日本人形。
昭和初期の唐箕模型。
野浦滋生(1936-1998) 油彩「野馬追の日に〈相馬〉」。
相馬地方と深いつながりのある富山県南砺市の井波彫刻、欄間彫刻(日本三景)
[6/18(日)まで開催]南相馬市博物館特別展“博物館収蔵資料展2017” [6/18(日)まで開催]南相馬市博物館特別展“博物館収蔵資料展2017”

[6/18(日)まで開催]南相馬市博物館特別展“博物館収蔵資料展2017”

[6/18(日)まで開催]南相馬市博物館特別展“博物館収蔵資料展2017”

今回の展示では南相馬市とは直接関わりのない資料もあります。
(中略)
このように多くの資料には一見したところでは分からない物語が隠されており
その物語を聞き出しスポットを当てるのも学芸員の手腕のひとつです
どんな資料にもそれぞれの物語があり、それを知るのと知らないのでは見方も変わってくるのではないでしょうか?
(南相馬市博物館 特別展「博物館収蔵資料展2017」紹介ページより)
[6/18(日)まで開催]南相馬市博物館特別展“博物館収蔵資料展2017”

常設展示、無線塔を紹介するコーナーでは
2017年3月10日(土)、11日(日)に開催された光のモニュメントで、ありし日の無線塔を形づくるイベントを受け
展示の内容を都度替えて公開しているとのことですので、こちらも必見です。
南相馬市博物館 常設展示「無線塔」 南相馬市博物館 常設展示「無線塔」

南相馬市博物館 常設展示「無線塔」 南相馬市博物館 常設展示「無線塔」

南相馬市博物館 常設展示「無線塔」 南相馬市博物館 常設展示「無線塔」

南相馬市博物館 常設展示「無線塔」
相双ゆたどさ:南相馬光のモニュメント(2017.3.15:掲載)

また、南相馬市博物館では、体験学習や史跡めぐり、講座などを随時開催しています。
ふるさとの自然や環境、歴史や文化にふれる時間を南相馬市博物館で!

※ 申し込みはお早めに。定員になり次第締め切りです。
  お問い合わせは、南相馬市博物館 TEL:0244-23-6421
南相馬市博物館の催し物 2017年4月~7月

南相馬市博物館 平成29年度特別展「博物館収蔵資料展2017」
平成29年6月18日(日)まで展示開催です。
[6/18(日)まで開催]南相馬市博物館特別展“博物館収蔵資料展2017”
(南相馬市博物館より許可をいただいて撮影しています)

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
◇南相馬市博物館
開館時間:9:00~16:45(最終入館16:00)
休館日:
  ・毎週月曜日(月曜日が祝・休日の場合は開館。その翌平日が休館日。)
  ・12月29日から翌年1月3日
  ・相馬野馬追最終日の月曜日は開館(翌日休館)
住所:福島県南相馬市原町区牛来字出口194[地図はこちらから]
TEL:0244-23-6421
観覧料、その他詳細は
URL:南相馬市博物館
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/



関連記事はこちら

関連記事はありません

facebookコメント

facebookページもチェック!