twiter facebook Youtube RSS
SOSO Kids!

開催が近いイベント

7月
28
11:00 AM 相馬野馬追写真展 37cafe@park
相馬野馬追写真展 37cafe@park
7月 28 @ 11:00 AM – 4:00 PM
相馬野馬追写真展 @ 37cafe@park | 南相馬市 | 福島県 | 日本
いよいよ相馬野馬追! 皆川知子さん撮影の野馬追写真展。 ごえもんの甲冑展示もあるよ。 相馬野馬追写真展 撮影:皆川知子さん 2017年7月1日(土)~28日(金) 11:00~16:00 鑑賞無料 定休日:月曜・火曜 7月29日(土)~8月1日(火) 野馬追開催期間のため臨時休業
7月
29
終日 平成29年相馬野馬追
平成29年相馬野馬追
7月 29 – 7月 31 終日
平成29年相馬野馬追
(相馬野馬追執行委員会より) 相馬氏の祖といわれている平小次郎将門が一千有余年の昔、新しい軍事力として馬の活用を考え、 下総国葛飾郡小金ヶ原(現在の千葉県北西部)に野馬を放ち、敵兵に見立て野馬を追い、 馬を捕らえる軍事訓練として、また、捕らえた馬を神前に奉じ 妙見の祭礼として行ったことが始まりと伝えられる。 現在は7月末の土・日・月の3日間に相馬野馬追を開催し、 500余騎の甲冑に身をかためた騎馬武者が腰に太刀、 背に旗指物をつけて豪華絢爛で勇壮な戦国絵巻を繰り広げます。 日程 7月29日(1日目) 宵祭り 出陣~馬場潔の式~宵乗り競馬~軍者会 7月30日(2日目) 本祭り お行列:五百余騎の騎馬武者が神輿を擁し、3キロメートル先の祭場地を目指す。 甲冑競馬:雲雀ヶ原祭場地にて甲冑を着た騎馬武者が競馬を行う。 神旗争奪戦:舞い降りてくる御神旗を騎馬武者が取り合う。 7月31日(3日目) 野馬懸 野馬懸:騎馬武者が馬を小高神社境内に追い込み、 身を清めた白鉢巻・白装束姿の御小人たちが馬を素手で捕らえる。 ※詳細については相馬野馬追執行委員会事務局のHPを参照。 (相馬野馬追執行委員会より) 相馬野馬追執行委員会 URL:http://soma-nomaoi.jp/
10:00 AM 第六回 武者絵展 野馬追通り銘醸館
第六回 武者絵展 野馬追通り銘醸館
7月 29 @ 10:00 AM – 6:00 PM
第六回 武者絵展 @ 野馬追通り銘醸館 | 南相馬市 | 福島県 | 日本
7月29日(土)・30日(日) 10:00~18:00 相馬野馬追応援 漫画家・イラストレーター・アニメーターによる 第六回 武者絵展 野馬追通り銘醸館
7:30 PM 夏の鑑賞祭2017「光のおまつり」 相馬田んぼアートプロジェクト
夏の鑑賞祭2017「光のおまつり」 相馬田んぼアートプロジェクト
7月 29 @ 7:30 PM – 9:00 PM
夏の鑑賞祭2017「光のおまつり」 @ 相馬田んぼアートプロジェクト  | 相馬市 | 福島県 | 日本
夏の鑑賞祭2017「光のおまつり」 みんなでがんばった田植えから3ヶ月。 色とりどりの稲がおおきな双馬のアートをつくりあげていることでしょう。 今年も完成をプロジェクションマッピングでお祝いしましょう! ■開催日:2017年7月29日(土)(雨天決行) ■場所:福島県相馬市岩子北稲田150 ■イベント参加費:無料です! ■当日のスケジュール 16:00~ 自由にご鑑賞いただけます。 19:00 夏の鑑賞祭2017「光のおまつり」開会 19:30 プロジェクションマッピング開演 21:00 閉会 ※ 時間は目安です。参加人数や交通状況にあわせ、前後することがあります。 ■お車でお越しの場合 係が案内しますので、まず会場前までお越しください。 不在の場合はお電話ください。 Tel: 090-4889-0845 (遠藤) ■服装・持ち物 ・足元が悪いので、汚れても良いはき物でおこしください ・夜間野外での鑑賞になります。懐中電灯・虫除けをご持参ください ・天候が変わりやすく、夜は肌寒くなることがあります。雨具や羽織るものなどご用意ください ■イベント公式ページ http://somatamboart.org/event/viewing2017/ メール: info@somatamboart.org ホームページ:http://somatamboart.org Facebook: https://www.facebook.com/artduriz/ Twitter: @somatamboart Instagram @somatamboart 昨年のダイジェスト動画 https://youtu.be/onBtHa9QMF0
相双おとりよせ 相双ゆたどさ

相双神旗ディネード

福島県移住コーディネーター(相双地域)募集のお知らせ


福島県相双地域では、定住・二地域居住の取組を強化するため、市町村や関係団体と連携し
定住・二地域居住の推進に取り組んでいただく「相双地域移住コーディネーター」を1名募集します。

福島県移住コーディネーター募集要項

業務内容
(1)福島県相双地域(相馬市、南相馬市、相馬郡・双葉郡内町村)における相談窓口及び受入団体の設立に向けた支援
 ※市町村の移住相談窓口の円滑な運営に向けた支援を行う。
 ※移住受入団体等が行う活動に対し助言等を行う。
(2)移住に関する情報収集
 ※市町村、事業所、地域づくり団体等を訪問し、移住に関する支援策・求人・住まいの情報の収集や助言を行う。
(3)移住セミナー等の企画運営
 ※収集した情報をもとに、首都圏等で開催するセミナー等の企画・告知・運営・レポートを行う。
(4)移住希望者からの相談対応
 ※東京の相談窓口(福しま暮らし情報センター、日本橋ふくしま館等)から引き継いだ方
  あるいは直接相談があった方の相談対応(マッチングすべき市町村や受入団体へのつなぎ、現地案内、移住後のフォロー等)を行う。
(5)移住に関する情報発信
 ※HPやSNS等のほか、首都圏等で開催されるイベント等に出展し情報発信を行う。
(6)相双地域トライアルステイ事業の運営補助 
 ※相双地域への就職や定住希望者を対象にした、お試し住宅でのトライアルステイ事業実施のための、申込者や受入企業との調整を行う。
(7)その他定住・二地域に係る用務
 ※相双地方振興局の担当者等と連携しながら、必要業務を行う。

募集対象
(1)移住希望者等の相談業務、移住に関する取組への助言、移住者の誘致等に携わった経験者またはこれに相当する知識を有すると認められる方(移住者の視点で相談対応や情報提供ができ、福島県の事情にも詳しいことが望ましい)
(2)積極性・協調性を有し、市町村や関係団体等と協力して本県の移住・定住促進に取り組んでいただける方。
(3)心身ともに健康で誠実に職務ができる方(性別不問)。
(4)HPやSNSなどを使って効果的な情報発信ができる方。
(5)コミュニケーション能力、表現力及び文章力の優れている方。
(6)パソコン(エクセル・ワード・パワーポイント等)の操作ができる方。
(7)普通自動車免許をお持ちの方。
(8)採用の日までに住所を福島県に移し、就任が可能な方。

採用人数
1名

勤務地
福島県相双地方振興局企画商工部地域づくり・商工労政課(南相馬市内)
業務によっては、出張あり。(福島県相双地域及び首都圏)

勤務条件
(1)報酬額
 日額11,500円(参考:月額換算195,500円以内) ※賞与、退職金なし。
(2)委嘱期間
 採用の日から平成30年3月31日まで
(3)勤務日
 月17日(週5日以内) ※業務(セミナー等)によっては、土日祝祭日の勤務もあり。
(4)勤務時間
 午前9時00分から午後5時15分まで 
 ※業務によっては時間の変更あり。
 ※1日につき7時間45分を超えない範囲とし、1週間に付き29時間以内。休憩は正午から1時間。
(5)その他
 (1)年次有給休暇あり。(1年目は、7日間)
 (2)雇用保険・健康保険・厚生年金保険は原則適用。
 (3)通勤手当あり(通勤距離が片道2km未満の場合は支給なし)。
 (4)報酬は月末締めの翌月7日支給。

雇用形態
地方公務員法第3条第3項第3号に規定する非常勤の嘱託員として知事が委嘱します。

募集期間
平成29年3月10日(金曜日)~3月22日(水曜日)午後5時必着 

提出書類等
(1)提出書類
 福島県移住コーディネーター申込書(様式1)
 ※添付書類(任意):これまでの経験や実績に関して提供可能なものがあれば添付。
(2)提出先
 〒975-0031 福島県南相馬市原町区錦町1の30  
 福島県相双地方振興局 企画商工部地域づくり・商工労政課
 電話:0244-26-1117
 ご質問がある場合は、田中、松田までお問い合わせください。
(3)提出方法
 郵送または持参のいずれかによる。

※福島県移住コーディネーター申込書(様式1)を下記よりダウンロードできます。
bana



関連記事はこちら

関連記事はありません

facebookコメント

facebookページもチェック!