twiter facebook Youtube RSS
SOSO Kids!

開催が近いイベント

7月
28
11:00 AM 相馬野馬追写真展 37cafe@park
相馬野馬追写真展 37cafe@park
7月 28 @ 11:00 AM – 4:00 PM
相馬野馬追写真展 @ 37cafe@park | 南相馬市 | 福島県 | 日本
いよいよ相馬野馬追! 皆川知子さん撮影の野馬追写真展。 ごえもんの甲冑展示もあるよ。 相馬野馬追写真展 撮影:皆川知子さん 2017年7月1日(土)~28日(金) 11:00~16:00 鑑賞無料 定休日:月曜・火曜 7月29日(土)~8月1日(火) 野馬追開催期間のため臨時休業
7月
29
終日 平成29年相馬野馬追
平成29年相馬野馬追
7月 29 – 7月 31 終日
平成29年相馬野馬追
(相馬野馬追執行委員会より) 相馬氏の祖といわれている平小次郎将門が一千有余年の昔、新しい軍事力として馬の活用を考え、 下総国葛飾郡小金ヶ原(現在の千葉県北西部)に野馬を放ち、敵兵に見立て野馬を追い、 馬を捕らえる軍事訓練として、また、捕らえた馬を神前に奉じ 妙見の祭礼として行ったことが始まりと伝えられる。 現在は7月末の土・日・月の3日間に相馬野馬追を開催し、 500余騎の甲冑に身をかためた騎馬武者が腰に太刀、 背に旗指物をつけて豪華絢爛で勇壮な戦国絵巻を繰り広げます。 日程 7月29日(1日目) 宵祭り 出陣~馬場潔の式~宵乗り競馬~軍者会 7月30日(2日目) 本祭り お行列:五百余騎の騎馬武者が神輿を擁し、3キロメートル先の祭場地を目指す。 甲冑競馬:雲雀ヶ原祭場地にて甲冑を着た騎馬武者が競馬を行う。 神旗争奪戦:舞い降りてくる御神旗を騎馬武者が取り合う。 7月31日(3日目) 野馬懸 野馬懸:騎馬武者が馬を小高神社境内に追い込み、 身を清めた白鉢巻・白装束姿の御小人たちが馬を素手で捕らえる。 ※詳細については相馬野馬追執行委員会事務局のHPを参照。 (相馬野馬追執行委員会より) 相馬野馬追執行委員会 URL:http://soma-nomaoi.jp/
10:00 AM 第六回 武者絵展 野馬追通り銘醸館
第六回 武者絵展 野馬追通り銘醸館
7月 29 @ 10:00 AM – 6:00 PM
第六回 武者絵展 @ 野馬追通り銘醸館 | 南相馬市 | 福島県 | 日本
7月29日(土)・30日(日) 10:00~18:00 相馬野馬追応援 漫画家・イラストレーター・アニメーターによる 第六回 武者絵展 野馬追通り銘醸館
7:30 PM 夏の鑑賞祭2017「光のおまつり」 相馬田んぼアートプロジェクト
夏の鑑賞祭2017「光のおまつり」 相馬田んぼアートプロジェクト
7月 29 @ 7:30 PM – 9:00 PM
夏の鑑賞祭2017「光のおまつり」 @ 相馬田んぼアートプロジェクト  | 相馬市 | 福島県 | 日本
夏の鑑賞祭2017「光のおまつり」 みんなでがんばった田植えから3ヶ月。 色とりどりの稲がおおきな双馬のアートをつくりあげていることでしょう。 今年も完成をプロジェクションマッピングでお祝いしましょう! ■開催日:2017年7月29日(土)(雨天決行) ■場所:福島県相馬市岩子北稲田150 ■イベント参加費:無料です! ■当日のスケジュール 16:00~ 自由にご鑑賞いただけます。 19:00 夏の鑑賞祭2017「光のおまつり」開会 19:30 プロジェクションマッピング開演 21:00 閉会 ※ 時間は目安です。参加人数や交通状況にあわせ、前後することがあります。 ■お車でお越しの場合 係が案内しますので、まず会場前までお越しください。 不在の場合はお電話ください。 Tel: 090-4889-0845 (遠藤) ■服装・持ち物 ・足元が悪いので、汚れても良いはき物でおこしください ・夜間野外での鑑賞になります。懐中電灯・虫除けをご持参ください ・天候が変わりやすく、夜は肌寒くなることがあります。雨具や羽織るものなどご用意ください ■イベント公式ページ http://somatamboart.org/event/viewing2017/ メール: info@somatamboart.org ホームページ:http://somatamboart.org Facebook: https://www.facebook.com/artduriz/ Twitter: @somatamboart Instagram @somatamboart 昨年のダイジェスト動画 https://youtu.be/onBtHa9QMF0
相双おとりよせ 相双ゆたどさ

相双神旗ディネード

相双“このひと”「ARTS for HOPE」第2回


相双“このひと”

「未来に思いを馳せる人々と夢を語り合える喜び」
ARTS for HOPE
第2回

“相双この人”ARTS for HOPE

Q2. 力を入れていることは、どんなことですか。

子どもの施設を定期的に訪問し
アート制作を通じた夢のある
創造力を羽ばたかせるひとときを届けると同時に
支援が届きにくい仮設住宅へ現地スタッフが定期的に訪問し
おしゃべりしながら心和ませ
ものづくりをするワークショップを継続しています。

また、まちの活性化を応援するイベントの開催や
老朽化した施設を明るいデザインで塗り替える
「アートリノベーション」事業を県の助成で展開しています。
これまでに公園や個人宅の塗り替えを行っていますが
もともとは地元高校生たちのアイディアから始まりました。
彼らの願いを叶えていきたいとの考えに基づき
市のご協力もいただきながら活動しており
今後も数ヶ所の施設での実施が決まっています。

 

Q3. 楽しみにしていることは、どんなことですか。

活動を継続していく中で、多くのすばらしい出会いが生まれていることです。
幼稚園児だった子どもに小学校で再会したり
イベントに毎回参加してくれる常連の子どもが出来たり
避難所で出会った子どもが一回り成長した姿でサマーキャンプに参加してくれたり…。
子どもたちの成長に立ち会えることは何よりの楽しみです。
また、地元で信頼できる仲間と巡り合い、温かい応援者に力を頂き
全国のボランティア仲間と思いを共有し
未来に思いを馳せる人々と夢を語り合える喜びも、この活動ならではのことです。
(画像はすべてARTS for HOPEよりご提供いただきました)

 

“相双このひと”一覧ページを表示 前のページを表示 相双この人”ARTS for HOPE 第1回 相双この人”ARTS for HOPE 相双この人”ARTS for HOPE 第3回 相双この人”ARTS for HOPE 第3回



関連記事はこちら

相双“このひと”「ARTS for HOPE」第3回 2013年11月22日
「継続的なプログラムで子どもたちが気軽に立ち寄り創作を楽しめるアトリエを」 ARTS for HOPE 第3回 &nb...
相双“このひと”「ARTS for HOPE」第1回 2013年11月8日
「「アート」にできる支援を再認識」 ARTS for HOPE 第1回     〇 プロ...
浪江町仮設商業施設「まち・なみ・まるしぇ」 2017年4月26日
浪江町役場 産業振興課 商工労働係 (http://www.town.namie.fukushima.jp/soshik...

facebookコメント

facebookページもチェック!