メールマガジン
twiter facebook Youtube RSS
SOSO Kids!

開催が近いイベント

相双おとりよせ 相双ゆたどさ

相双神旗ディネード

相双“このひと”「ARTS for HOPE」第1回


相双“このひと”

「「アート」にできる支援を再認識」
ARTS for HOPE
第1回

“相双この人”ARTS for HOPE

 
  〇 プロフィール
  ARTS for HOPE(アーツ・フォー・ホープ)
  連絡先住所:福島県南相馬市原町区錦町1-125
  ふくしまインドアパーク南相馬内
  連絡先電話番号:080-5740-1771
  メールアドレス:“相双この人”ARTS for HOPE

ARTS for HOPE(アーツ・フォー・ホープ)は東北の復興を「アート」で応援しているNPOです。
福島、宮城、岩手の沿岸地域を中心に、子どもの施設や仮設住宅を巡回し
創作活動を通じた心穏やかな時間と空間をお届けしています。
2011年3月の設立以来、多くの皆さまにご支援いただきながら
これまで280回を超えるアートプログラムを各地で行い
毎月遠征するキャラバンの走行距離は地球1.3周分になりました。
東京で始動した団体ですが、現在は南相馬、仙台、大船渡の現地スタッフも活動しています。

 

Q1. 取組のきっかけは、どのようなことでしたか。

ARTS for HOPEの運営母体は1999年設立の
「ワンダーアートプロダクション」というアートNPOです。
美術館や博物館の展覧会企画のほか
国内外のアーティストをナビゲーターに迎えた子どもの情操教育プログラムの実施
医療施設の環境改善や患者さんや障がいを持つ方の心のケアを目的としたホスピタルアートなど
社会に向けた活動を長年に亘り続けてきました。
東日本大震災当時は気仙沼の美術館で開催する展覧会の準備中だったため
物資を積んで直後に被災地に入りました。
私たちに何ができるのか、自問を繰り返しながら延々と続く瓦礫地帯をひた走りましたが
避難所の片隅で子どもたちと絵を描き、高齢者の方とものづくりの過程で
彼らの目に光が蘇る瞬間に立ち会い、「アート」にできる支援を再認識しました。
すぐさま美術・医療・教育関係者に協力を呼びかけ
被災地の心に寄り添う活動を行っていこうと、震災支援のセクションを立ち上げました。
中でも南相馬にはご縁をいただき、毎月のように訪れる中で
たくさんの協力者と現地スタッフに恵まれ
2012年10月に念願の南相馬支局を設置することになりました。
(画像はすべてARTS for HOPEよりご提供いただきました)

 

“相双このひと”一覧ページを表示 前のページを表示 相双この人”ARTS for HOPE 第1回 相双この人”ARTS for HOPE 相双この人”ARTS for HOPE 第3回 相双この人”ARTS for HOPE 第2回



関連記事はこちら

相双“このひと”「ARTS for HOPE」第3回 2013年11月22日
「継続的なプログラムで子どもたちが気軽に立ち寄り創作を楽しめるアトリエを」 ARTS for HOPE 第3回 &nb...
相双“このひと”「ARTS for HOPE」第2回 2013年11月15日
「未来に思いを馳せる人々と夢を語り合える喜び」 ARTS for HOPE 第2回 Q2. 力を入れていることは、どん...
相双“このひと”「認定NPO法人フロンティア南相馬」 第3回 2014年3月14日
“南相馬の未来”は“子供たちの未来”へとつながります 認定NPO法人フロンティア南相馬 第3回  Q4. こ...
相双“このひと”NPO法人相馬国際交流の会 第1回 2016年2月8日
NPO法人相馬国際交流の会 第1回       〇 プロフィール  ...
相双“このひと”NPO法人みらいと 第3回 2014年8月4日
NPO法人みらいと 第3回  Q4. これからチャレンジしたいことは、どんなことですか。 地域ブランドづくり...

facebookコメント

facebookページもチェック!